Tカードプラス(SMBCモビットnext) の特徴

Tカードプラス(SMBCモビットnext)

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は、クレジットカードにTカードとモビットカードローンの3つの機能が合わさった多機能タイプのクレジットカードです。

Tポイント機能や、電子マネー機能などを備えていて便利なだけではなく、「消費者金融系カード」と呼ばれる他社カードとは違った審査基準のため、他のカードで審査落ちした人でも働いていて安定した収入がある人であれば十分に審査通過の可能性があるのが特徴のカードです。

ここでは、Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査基準やカードの特徴について詳しく解説していきます。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は他社カードと違う審査基準

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は「消費者金融系カード」という分類になり、基本的にお金に困っている人を対象としたクレジットカードです。

クレジットカードの審査では、雇用形態・年収・居住年数・勤続年数などの「属性」や、クレジットヒストリーと呼ばれるいままでのカードの利用履歴を重視されますが、消費者金融系カードであるTカードプラス(SMBCモビットnext)は以下の点を満たせば審査通過の可能性があります。

  • 雇用形態にかかわらず現在働いていて安定した収入がある
  • 他社借入件数がない(もしくは5件以下)

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はカードローン機能を備えたカードなので、貸金法と呼ばれる「年収1/3を超える貸付をしてはならない」という決まりが適用されます。
他社借入が5件以上ある場合や、年収の1/3を超えてしまう場合にはTカードプラス(SMBCモビットnext)に限らず審査通過は難しいと言えます。

既に他社借入があって審査が不安な人は一度10秒診断から借入可能かどうか調べてみましょう。

年会費無料

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は年会費永年無料で持つことができます。

申し込みの発行手数料なども0円なので、カードを持っているだけでいつのまにか年会費分を損すると言うこともありません。

20歳以上69歳以下の安定した収入があればOK

Tカードプラス(SMBCモビットnext)申し込み資格は「満20歳以上のモビットカード会員の方」となっています。

モビット会員の申し込み資格は「20歳以上69歳以下で安定した収入があること」となっているので、同じくクレジットカードの申し込み資格も同じ年齢制限ということになります。
安定した収入とは、3ヶ月以上継続してお給料などが入ってきている状態であれば申し込み資格は十分に満たせるでしょう。

アルバイト・パート・フリーターOK

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の申込資格は安定した収入があることが条件なので、アルバイト・パート・フリーターなどでも毎月一定の収入が入っていれば申し込みができます。

申し込みが不安な人は一度10秒審査をすると、申し込みをする前に審査通過できるかどうかの診断ができるのでおすすめです。

主婦・学生も収入がある人であればOK

主婦や学生の方でも、満20歳〜69歳以下という年齢を満たしていてアルバイトやパートなどで一定の収入があれば申し込みすることができます。

また、学生や専業主婦で現在働いていない人や単発のバイト収入しかない場合は安定した収入があるとは言えませんが、配偶者や親に安定した収入があれば申し込み対象となります。

「WEB完結申込み」なら在籍確認なしの可能性あり

Tカードプラス(SMBCモビットnext)を発行するためには、以下の手順をクリアする必要があります。

  1. モビットカードを申し込み(モビットの審査)
  2. 審査通過後、Tカードプラス(SMBCモビットnext)の申し込み(別途三井住友カードの審査)

モビットには「カード申込」と「WEB完結申込」2種類の申込方法が用意されており、「WEB完結申込」は特定の書類を満たせば郵送物なし・電話なしでモビットカード受け取りまで進むことができるというものです。

既にモビットで審査を通過したあとなので、その後のTカードプラス(SMBCモビットnext)の審査もスムーズに行けば在籍確認なしでカード発行までできる可能性が高いです。
ただし、三井住友カードの審査状況によっては会社に在籍確認が入る可能性もあるので絶対ではないということは頭に入れておきましょう。
本人確認のため、携帯電話に三井住友カードから電話がかかってくることもあるので、着信に気付いたら掛け直しをした方がカード発行までも短縮できます。

会社に在籍確認が入る場合も「クレジットカードの在籍確認」ということや「三井住友カード」とは告げずに担当者が個人名でかけてくる電話なので、会社にお金を借りているのでは?と疑いを持たれる心配はありません。

クレジットカード受け取りまでは最短4営業日

他のクレジットカードと少し違う点は、カードを作るためにはまずモビット会員になり、そのあとにTカードプラス(SMBCモビットnext)の申し込みをする必要があります。

カード受け取りまでの流れは以下の通りです。

  1. モビットカード申し込み(最短30分で審査完了)
  2. カードローン審査通過後、Tカードプラス(SMBCモビットnext)の申し込み
  3. クレジットカードの審査通過後、Tカードプラス(SMBCモビットnext)受け取り

4営業日ということは、例えば金曜日に申し込みをすると土日を飛ばして次の週の木曜日が最短の受け取りということになります。

カードローンは即日受取・即日融資可能

クレジットカードをすぐに使いたい人にとっては最短4営業日と意外と時間がかかると思うかもしれませんが、モビットカード(カードローン)自体の審査は最短30分で終了するので、三井住友銀行の自動契約機で即日受け受取・即日融資が可能になります。

クレジットカードの審査を待っている間に先にカードローン機能だけ使うことも可能です。

クレジットカードの審査が通ったあとは同じカードローン機能が備わっているため、手元にあるモビットカードは使えなくなります。

万が一クレジットカードの審査に通らなかった場合もモビットカード(カードローン)はそのまま使えるので安心しましょう。

ネット申し込み→電話で審査を急いでもらうことが可能

Tカードプラス(SMBCモビットnext)を「最短で受け取りたい」「カードローンを使いたい」という人は、まずはモビットカードの審査をできるだけ最短で終わらせたいですよね。

基本的に申し込んだ順番で審査がされますが、審査を急いで欲しい場合はモビットカードをネットで申し込み後、モビットのコールセンターに電話をかけて「審査を急いでいる」旨を伝えるとすぐに審査を急いでもらうことができます。

コールセンター:0120-03-5000
(営業時間9:00〜21:00・通話料無料)

審査終了後にメールが届き、審査通過していればそこから入会手続きとTカードプラス(SMBCモビットnext)の申し込みに進みましょう。

注意点としては、Tカードプラス(SMBCモビットnext)はモビットではなく別途三井住友カードの審査になるため、モビットのコールセンターに電話しても審査を急いでもらうできません。

それでも、モビットカードの審査がはやければクレジットカードが最短受け取りにつながるので、ネット申し込み→コールセンターに電話で急いでもらう方法がおすすめです。

カードローン機能は最短3分で融資可能

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のカードローン機能は全国の提携ATMや振込キャッシングを利用でき、インターネットや電話から申請することで最短3分での融資が可能になります。
(クレジットカード受け取り前のモビットカードも同様)

最短で融資を受けたい場合は平日の14:50までの申し込みが確実です。申し込みの例は以下の通りです。

・平日:0:00〜9:30に申し込みの場合
9:00以降または受付完了から最短3分で振込(メンテナンス時間を除く)

・平日:9:30〜14:50に申し込みの場合
受付完了から最短3分で振込

・平日:14:50〜23:59、及び土日・祝日に申し込みの場合
翌金融機関営業日9:30頃の振込、または受付完了から3分で振込(メンテナンス時間を除く)

各提携ATMでの借入も可能

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は提携ATMから簡単に借入・返済が可能です。

主な提携ATMは以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • プロミス
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ

以上は一部の提携ATMですが、全国で14万台(2020年6月現在)の提携ATMがあるので、いつでも困ったときに簡単に融資を受けることが可能です。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は多機能型カード

Tカードプラス(SMBCモビット next)はクレジットカード、カードローン機能、Tポイントカード(Tマネー)の三つの機能を備えています。

カードの特徴やポイントについて詳しく解説していきます。

普段の支払いで Tポイントが貯まる

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は普段のお買い物や公共料金の支払いで200円につき1ポイントのTポイントが貯まります。

ポイントカードとしての機能も備わっているので、Tポイント加盟店での提示でもポイントが貯まります。

Tポイント加盟店でカード提示の付与率に関しては、提携先のお店などによって違うので一定には言えませんが、例えばファミリーマートでは200円につき1ポイント(0.5%)がつくので、カードで支払いを行った場合はカード支払い分の0.5%と、ポイントカード提示での0.5%で実質1.0%のポイント還元が受けられます。

Tカードの主な提携先は以下の通りです。

  • TSUTAYA
  • ファミリーマート
  • 新星堂
  • マルエツ
  • ウエルシア
  • Yahoo!ショッピング
  • カメラのキタムラ
  • ガスト
  • ジョナサン
  • 東急ホテルズ
  • スタジオマリオ
  • オニツカタイガー
  • アシックス

以上はごく一部で、提携数は1,067,476店舗(2020年6月現在)とかなり多くのお店がTポイントと提携しているので、持っているだけでいろいろなお店でTポイントが貯められます。

Tマネーやその他電子マネーが利用可能

Tポイントカード機能と併せて、Tマネー機能が備わっているので、カードにチャージすることで全国23,000店舗の「T-MONEY」の印がついているお店での簡単にスマホ決済が可能になります。

Tマネーは1000円単位で最高30,000万円までのクレジットカードチャージも可能なので、Tマネーに使う分だけチャージして使い過ぎを防ぐこともできます。

また、Tマネー以外にも以下の電子マネー機能が備わっています。

  • ApplePay
  • GooglePay
  • iD

カードをあまり持ち歩きたくない人でも、自分の使いやすい電子マネーを選んでスマホ決済が利用できます。

年会費実質無料のETCカードが発行可能

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はETCカードも作ることができます。

年会費は初年度無料で2年目以降550円(税込)ですが、ETCでの請求が年1回以上あれば年会費無料になるので、普段から車を運転する人であれば実質年会費無料でずっと使い続けることができます。

年間100万円までのショッピング補償サービス

Tカードプラス(SMBCモビットnext)では、カード決済で購入した商品の紛失や盗難に遭ってしまった際に200日まで遡って補償してくれるサービスが付帯しています。

カードを使って購入した商品が破損や、万が一の盗難などの損害を受けた場合に購入から200日まで遡って補償してくれるという内容で、以下が補償の対象となります。

  • 海外でのショッピング利用
  • 国内でのリボ払い・3回以上の分割払い

年会費無料のカードだとクレジットカードは不正利用時の補償以外はあまり付いていないことも多いですが、万が一に備えて補償サービスが付いているカードを選びたい方にもおすすめです。

カードの紛失や盗難についても24時間のサポートがついているので、遅い時間でも電話対応を受けることができます。

支払いは毎月15日締めの翌月10日引き落とし

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の支払日は毎月15日締めの翌月10日に指定の口座から引き落としされます。

これはクレジットカードの利用分の支払日で、カードローン機能を利用した場合は別で支払日があるため間違えないように注意しましょう。

カードローン機能の返済は5日・15日・25日・末日から選べる

クレジットカード機能とは別に、カードローンを利用した場合は月に1回自分の払えるタイミングに合わせて返済日を5日・15日・25日・末日から選ぶことができます。

返済方法は「ATM返済型」と「口座振替型」があり、口座振替の場合は自分で選んだ返済日に指定の口座から返済分が引き落としされます。

カードの支払い方法は「マイ・ペイすリボ」

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のクレジット機能は、初期設定で「マイ・ペイすリボ」というリボ払い設定が適用されています。

カード入会後であればリボ払い設定を解除して一般的な翌月一括払いのクレジットカードとして使うことができます。

リボ払い設定と知らずにあとから気付くパターンも多いですが、マイ・ペイすリボの場合は実質年率15%程度のリボ払い手数料が発生してしています。

「気づかないうちにリボ払い残高が増えていた!」ということのないように、届いたら支払い方法の設定を見直しておきましょう。

マイ・ペイすリボを解除して一括払いにする方法

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の「マイ・ペイすリボ」を解除するためには三井住友カードの会員サイト「Vpass」から手続きを行います。

Vpassにログインし、ページ下部にある「マイ・ペイすリボ取り消しのお申し込み」というページに進みます。

注意事項に同意して「マイ・ペイすリボを取り消しする」をタップします。

解除手続きが完了するとリボ払い以外の「1回払い・2回払い・分割払い・ボーナス一括払い」の支払い方法が選択できるようになります。