メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ New

審査なしで作れるクレジットカードはある?ブラックでも作れるおすすめカードを紹介

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードはないか?と探していますか? 結論から言うと、残念なが ...

New

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても1〜2週間、長ければ1ヶ月ほどかかってしまいます。 しかし、「急いで購入したい ...

New

学生のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入のない学生でもクレジット ...

クレジットカードを持っている人たちのカード New

人気クレジットカードランキング!みんなのおすすめ最強カードは?

クレジットカードを作りたい時、選び方の参考になるのがインターネットの情報ですが、「クレジットカード人気ランキング」は広告が絡んでいて実態を反映していない場合があるため要注意です。 ここでは、当サイトが ...

クレジットカード審査に通らないイメージ New

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

クレジットカードを作るときに必要なもの・必要書類

投稿日:

毎日の買い物やインターネットショッピング、スマートフォンのゲームアプリの課金など、インターネット上のサービスを利用する時にも持っていると何かと便利なのがクレジットカードです。今や一人1枚は当たり前、何枚ものクレジットカードを持っているという方も少数派ではないでしょう。

現金だけでは何かと不便を感じる場面もあるため、カードを作ろうと考えている方も多いかと思いますが、学生さんなど初めてクレジットカードを作る際、申し込みに必要なものや書類がある事をご存知ですか?

今回はクレジットカードを申し込むのが初めてだという方向けに申し込み方法や必要となるもの、用意するべき書類をご紹介していきます。

本人確認書類(身分証明書)


まず、クレジットカードを申し込む際の必要書類として最も重要なのが、本人確認書類といわれる身分証明書の類です。運転免許証(もしくは運転経歴証明書)を持っているのであれば顔写真も入っているためそれが一番身分証明書として適していますが、運転免許証を持っていないという場合は別の書類を用意しなければいけません。

例えば、三井住友カードを申し込む場合を見てみると、ホームページには「パスポートの写真が印刷されている面及び最終ページの住所記載面」または「健康保険証の氏名と生年月日、住所のページ(カード型の場合は両面)」または「発行日から6ヶ月以内の住民票の原本または写し」のいずれか1点のコピーが必要となる旨が記載されています。いずれの場合も氏名と生年月日、住所が書かれているページを用意しましょう。

クレジットカードの会社によってはマイナンバーカードや住民基本台帳カードなどを本人確認書類として使える場合もありますが、写真のない身分証明書だけを提出した場合や、提出した身分証明書とクレジットカードの申し込み書の住所が異なる場合は追加で発行後6カ月以内の公共料金(電気・水道・ガス・NHK)の領収証や社会保険料の領収書、国税や地方税の領収書のいずれかが必要となります。

引き落とし口座(銀行口座・ゆうちょ口座)

クレジットカードを利用するには、当然利用代金をまとめて支払うための引き落とし口座が必要となります。都市銀行や地方銀行、信用金庫といった銀行口座もしくは郵便貯金(ゆうちょ)の口座をクレジットカードの申し込み前に用意しておきましょう。

インターネットバンキングの口座なら持っているという方もおられるかと思いますが、クレジットカード会社によっては楽天銀行などネット専業の銀行には対応していないというケースもあるため、銀行かゆうちょの口座を用意しておくのがベターです。

なお、銀行やゆうちょの口座を持っていない場合はクレジットカードを申し込む前に予め口座を開設しておきましょう。銀行によっては店頭だけではなく、郵送やインターネットから口座開設の手続きができますので、上手に利用しましょう。

銀行やゆうちょの口座を開設する時には印鑑(銀行印)、免許証やパスポートなどといった本人確認書類が必要となり、クレジットカードの申し込みと同様、健康保険証など顔写真のないものは住民票の写しや発行後6カ月以内の公共料金の領収証などが必要となり、銀行によっては現金も用意する必要があります。

銀行口座・通帳の作り方

銀行印(銀行届け印)

印鑑

銀行印もクレジットカードの申し込みに必要となってきます。

銀行印とは、銀行口座もしくはゆうちょの口座を開設する際に届出印として登録した印鑑の事で、本人確認の意味合いもあるためクレジットカードを作る際にも銀行印は必須アイテムとなります。
よく似た印鑑に実印がありますが、実印は役所で印鑑登録を行った印鑑の事で、対して銀行口座の開設時に登録した印鑑が銀行印となります。

銀行印は印鑑を取り扱うお店で作る事ができますが、実印や銀行印として販売される印鑑は認め印とは違い、複製しづらいように複雑な陰影で彫られているのが特徴です。
使用中に割れたり欠けたりしない丈夫な素材のものを選びましょう。

実印と銀行印に明確な違いはなく、実印として販売されている印鑑を銀行印として使う事もできますが、セキュリティの面からも印鑑の兼用はおすすめできませんので、実印は実印、銀行印は銀行印と完全に分けて使うようにしましょう。

女性の場合は結婚や離婚などによって苗字が変わる可能性があるため、下の名前で銀行印を作るという方も多く、下の名前は苗字よりもバリエーションが豊富なため、印鑑を複製されてしまうというリスクを下げる事もできます。

また、銀行印を持っていなくても申し込みができるクレジットカードもあります。楽天カードやセゾンカード インターナショナル、エポスカードであれば銀行印がなくてもクレジットカードを申し込む事が可能です。銀行印を新たに作る時間がないといった場合はこれらのクレジットカードへの申し込みを検討しましょう。

18歳から親権者の同意なしで申し込みが可能に

20歳が成人年齢だった時には、18歳、19歳は親権者の同意が必須でした。
しかし、2022年4月1日より成人年齢が18歳に引き下げられた影響で、18歳から親権者の同意なしでクレジットカードを申し込めるようになりました。

同意が必須ではなくなりましたが、リボ払いに気をつけるなど、親などの身近な人にクレジットカードの最低限な知識を聞いておくようにしましょう。
18歳では限度額が低めに設定されるとはいえ、気が付けば数万円分の無駄なお金を支払う可能性もあります。

初めて持つカードは三井住友カードがおすすめ

世界シェアNo.1のVISAブランド

三井住友カード(NL)

カードの特徴

世界シェアNo.1のVISAブランド。初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できるセキュリティ性が高い「銀行系カード」のジャンルに入る。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント Vポイント

三井住友カードは、三井住友カード株式会社が発行する銀行系クレジットカードです。

銀行系ということでカードの不正利用をされていないかをチェックしているためセキュリティ性が高く、もし不正にカード利用をされた場合でも、国内、海外の利用問わずカード利用から60日間補償してくれます。
また、カードを紛失・盗難した場合でも24時間年中無休で対応してくれるので、初めてクレジットカードを持つ人でも不安がないカードです。

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-クレジットカードの作り方

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.