審査なしのカードローンはある?

「カードローンを申し込みたいけど審査が不安」と、審査なしのカードローンを探している方も多いのではないでしょうか。
即日融資を受けたいから審査を受ける時間がない、すでに他社から借り入れがあって借りられないかもしれない…審査なしのカードローンを探す理由は様々だと思いますが、審査なしのカードローンはあるのでしょうか。

今回は、なぜカードローンでは審査があるの?という疑問や、審査なしのカードローンはある?という、人には聞けない疑問をすっきり解決していきます。

カードローンの審査とは?

カードローンの審査とは、借りたお金をきちんと返済してくれるかをチェックするための審査です。
カードローンを扱う銀行や消費者金融(貸金業者)は、貸したお金に利息(金利)を上乗せして返済してもらう事で利益を得ています。

ところが、きちんと返済してもらえなければ利益が出るどころか赤字になってしまうので誰にでもお金を貸す訳にはいきませんよね。
そこでカードローンの申し込みがあると審査を行い、問題がない人にだけお金を貸しているんですよ。

カードローンの審査ではどんな事がチェックされる?

カードローンの審査では「返済能力・信用情報・本人確認」という3つの項目を軸に、色々な審査が行われています。

返済能力では安定した収入があるかどうかが重視され、信用情報ではクレジットカードやローンの利用履歴である「クレジットヒストリー(クレヒス)」を照会して、過去にブラックリスト入りするような延滞や貸倒・債務整理・破産などを起こしていないかを入念にチェックします。

返済能力や信用情報については機械化された審査ですが、本人確認は主に人の目による審査で、勤務先とされた場所に実際に電話をかける「在籍確認」という審査などが行われます。
中には偽造した身分証を使ったり、他人になりすましてカードローンを申し込むケースもあるため、犯罪に使われるのを未然に防いでいるんですね。

審査なしのカードローンはある?

現在のところ、審査なしのカードローンはありません。これは銀行も消費者金融も同じなので、審査なしでカードローンを利用する事は不可能です。
中には「審査なしのカードローン」と宣伝している業者もあるようですが、きちんとした業者が審査なしでお金を貸す事はありえないので、法外な金利を要求されてしまう恐れも出てきます。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と適用される法律はそれぞれ違いますが、三菱UFJ銀行や三井住友銀行といった銀行系カードローンの保証会社は消費者金融大手のアコムやプロミスとなっていて審査も請け負っているので「銀行だから審査が厳しい」とも「消費者金融だから審査が甘い」とも言い切れません。

ただ、消費者金融系カードローンは積極的に融資を行っているという面では審査に通りやすい可能性があります。

アイフルでは在籍確認の電話をなしにできる

審査なしでカードローンを利用する事はできませんが、アイフルは在籍確認の電話をなしにできるのを知っていますか?これなら派遣社員で職場に電話がかかってくると困るという方や、同僚や上司にカードローンの申し込みを知られたくないという方もためらわずに申し込む事ができますよ。

アイフルでは、検討時や申し込みの時に「在籍確認の電話を避けたい」と相談しておけば、通常は電話で行われる在籍確認を書類の提出に切り替えてくれるので電話がかかってきません。
必要な書類というのも、会社が発行した社会保険証や給与明細書などがあればOKで、特別な書類を用意しなくていい点も嬉しいですよね。

アイフルの在籍確認の電話はオペレーターの個人名でかかってきて、カードローンの審査である事は第三者にはバレないようにしてくれるので、必要以上に心配しなくても大丈夫ですよ。

カードローンの審査が通らない理由

カードローンの審査落ちの理由は人それぞれですが、原因を知る事によって対策を立てる事はできます。
ここでは、カードローンの審査が通らない原因と対策をまとめました。

他社からの借り入れがある

消費者金融系カードローンは貸金業法の対象なので、借り入れ総額が年収の3分の1以下に制限される「総量規制」が適用されます。
このため、すでに他社からの借り入れがある場合は審査に通りにくくなっています。

例えば、アイフルの場合はアイフルで50万円以上の限度額を希望する場合や、アイフルの限度額と他社からの借り入れ総額の合計が100万円を超える場合は収入証明書を提出しなくてはいけません。
銀行系カードローンに関しては、以前は総量規制の対象外でしたが、銀行系カードローンの過剰融資が問題となったため、現在は他社からの借り入れがあると審査に通りにくくなっています。

現在、他社からの借り入れがある方がカードローンを新たに申し込む場合は、借り入れ総額や件数を減らしてから申し込まないと審査通過は厳しくなってしまいますよ。

債務整理や破産などでブラックリスト入りしている

前述の通り、信用情報をチェックするための審査でクレジットヒストリー(クレヒス)がみられますが、この時に過去のブラック情報が明るみに出てしまうと審査落ちの原因となるので要注意です。

クレヒスにはクレジットカードやローン関する様々な情報が記録されていて、カードやローンの申し込みがあると過去の情報を照会して審査が行われます。
国内には3つの個人信用情報機関がありますが、多くの銀行が加盟会員になっている「KSC」では、自己破産の記録が10年間にわたって残ってしまうので、自己破産をして一度ブラックリスト入りの状態になると10年間はカードやローンの審査に通りにくい状態が続いてしまいます。

自分がブラックリスト入りの状態かどうかを確かめるには、個人信用情報機関の「情報開示」というサービスを利用しましょう。
過去のクレヒスに事故記録が残っていれば消えるまで待つしかありませんが、事故記録が残っていなければ堂々と申し込む事ができます。

短期間に複数の申し込みを行った(申し込みブラック)

審査が不安だからといって、次々とカードローンを申し込むと「申し込みブラック」という状態になるので注意が必要です。
申し込みブラックとは、短期間に複数のローンを申し込む事でなるブラック状態の事で、目安として1か月に3社以上の申し込みをすると危険だといわれています。

なぜ申し込みブラックになるかというと、同時期に複数のカードローンを申し込んであちこちからお金を借りる人と、一社だけに申し込んでお金を借りる人のどちらがきちんと返済してくれるかを考えると答えは簡単ですよね。

申し込みに関するクレヒスは6か月間残ってしまうので、もし申し込みブラックになってしまった場合は6か月以上の期間を開けてからもう一度申し込み直さなくてはいけませんよ。