*

「 考察・問題提起 」 一覧

大規模公開オンライン講座(MOOC)導入を医学教育は求めているのか

とうとう日本でも、大規模公開オンライン講座(MOOC)が導入される。NTTドコモにより、無料オンライン大学講座「gacco(ガッコ)」が、2月3日に開設された。 私は、医学教育へのMOOC導入の可能

続きを見る

山を下る時代がやってきた!

2014/02/25 | 考察・問題提起

先日、ある市長の話を聞く機会があった。   その市長は、   山を下る時代がやってきた!     と言っていた。   簡単に言うと、1つの目標目掛けてかけ上がっていく時代

続きを見る

国家資格プラスアルファという考え方

2014/02/23 | 考察・問題提起

麻布大学獣医学科のまだらーです!! 先日、第65回獣医師国家試験が行われました!今までお世話になってきた先輩方が受けていたので、本当にみんな受かっていてほしい!! ・・・ですが、現実は全員合格!とい

続きを見る

リハビリテーションと異分野融合の可能性

2014/02/10 | 考察・問題提起

はじめまして。 愛知でリハビリテーションを専攻している中川 征士と申します。 これから月に数回程、執筆させていただこうかと思います。 リハビリテーション×○○というのを意識し、リハビリテーション

続きを見る

人生の終着点としての病院ー研修医の提言③

2014/02/09 | 考察・問題提起

『実の姉とは絶縁しています。必要ならば弁護士を通じて連絡をとってください。』 病院というものは社会の中でも特殊な立ち位置を占めていて、とある患者の人生が凝縮されてやって来る。 病院には社会的な課題

続きを見る

医療者に死生観を丸投げする患者やその家族─研修医の提言②

前回記事『死生観を医療者が学ぶ危うさ』で医療者が死生観を育む危険性を説いた。 医療において死生観が問われるのは患者自身、その家族たちであり、最終的な意思決定に医療者の死生観を持ち込むべきでない。

続きを見る

医療者が死生観を決めつけることへの違和感ー研修医の提言①

数年前から医療者は「死生観」を学ぶべきだという風潮が医療界に漂っている。 しかしその安易な風潮に対して私は異を唱えたい。   なぜか?   死生観なん

続きを見る

獣医学生から見た「医療」とは

はじめまして!麻布大学獣医学科3年の班目美紀(まだらー)です!今は、養豚から世界を明るくしていきたいな!と日々考えております。 さて、自己紹介はここまでにして…(詳しくはFacebookかブログで!

続きを見る

医療を変える「デザインの力」

「アート×医療」とか「建築×医療」とかそういうキーワードが流行り始めてきている中、どうしても実感が沸かなかった私が デザインが医療を変える と思うようになったTEDのプレゼンを今日紹介します。

続きを見る

SNS時代に医療者ができるアクションの可能性

2014/01/22 | 考察・問題提起

1月頭の定期試験も終わり、最近ようやく没頭したいテーマが見えてきた。 2014年をかけて、仲間と共に登ってみたい山。 それは、M-Laboというメディア運営と併せた、政治へのアクションだ。 政治

続きを見る

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑