*

難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

公開日: : 最終更新日:2015/09/21

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか?

前に、人工知能が医療にもたらす未来についての記事を書きましたが、今回は私が立ち上げに少し携わっているDr.NEARという難病患者さんのためのサービスをご紹介します。

Dr.NEARは、難病患者の声を集め、他の患者と共有したり、効果的な療法をデータとして蓄積し、難病医療の「情報源」としても研究の役に立てるアプリです。

現在α版開発中の最終段階にあるDr.NEARですが、先日開発費調達のためにクラウドファンディングをスタートしました。そこで我々は何を信じ、そして何を目指しているのかをFounder&Developer&Patientである中川真太郎さんのインタビューを中心に紹介したいと思います。

難病を告げられ浮かんだ想いが原点に

約4年前に難病と診断された中川さん。中川さんは、約4年前に何度も何度も気胸を繰り返し、精密検査を受けました。いろいろな病気の可能性を示唆され、生命の終わりを感じ、思ったことは自分の存在がいかに小さいものかということ。

そして、告げられた病名は「ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)」という大変珍しい病気でした。

身近な人のことが勝手に頭に浮かんで、何か自分でもっと彼らを喜ばすことができたんじゃないかと思った。今思えば、それがすべての原点になっている。

「難病」の影響

Dr.NEARは、彼のような難病患者の声を集め、他の患者と共有、また、効果的な療法をデータとして蓄積し難病医療の「情報源」としても研究の役に立てるようなアプリです。

ところで、世界中には約7000種類もの難病があり、患者やその家族なども含めると、約3億5000万人がその影響を受けています。

さらに、65%の患者が孤独を感じ、75%の患者がうつを感じている。というのが現実です。

physicianinfographic-588x76

出典 http://www.desminopathy.info/weblog/the-road-to-diagnosis.html

そもそも難病とは治療法の確立さていない疾患のこと。それでは、なぜ治療法が確立されていないのでしょうか。これは、被験者のデータがなかなか集まらないから、研究にかかるコストとその成果が見合わないから、といった理由があります。

が、しかし、中川さんは「病気を治そうとする限り、その方法を考えるべきである。」と言います。

直面した課題

医師は、すべての病気を、すべての療法を網羅しているわけではありません。中川さんは、某大学病院では臓器移植を勧められ、また別の病院では副作用の激しい抗がん剤の服用を勧められたそうです。

つまり、”適切な”治療を求めても、「医師の判断要素である情報源」「患者の選択肢の情報源」があまりにも限られているという課題に行き着きました。

彼の出した「解答」

この課題に対し、彼の出した解答こそがDr.NEARです。

このような難病の患者の声を集めつつ、効果的な療法をデータとして蓄積していければ、難病自体の概念も変わるのではないだろうか?と考えたのがきっかけで、『Dr.NEAR』というアプリを今まで開発していきました。

Dr.NEARはまだ非常に小さな組織ですが、クローズドで10月中旬にサービスをリリース予定です。

患者本人の方が、その可能性を少しでも多く手に入れることができればその周りの家族や友人、またそれは即ち明日の新たな医療につながると思います。しかし、開発費用は不足しています。皆様のご協力をお願い致します。

医学生として難病患者の中川さんとDr.NEARの立ち上げに携わり、医療サイドと患者サイドの視点の違いを実感しています。そして、中川さんのように患者が自ら立ち上がり、医療の発展を目指していくことはとても新鮮なことで、大きなインパクトを与えるのではないかと思います。

ぜひクラウドファンディングを成功させ、新たな道を切り開いていきたいと思います。

【クラウドファンディング詳細】
https://readyfor.jp/projects/drnear
[タイトル]
闘病中の僕が難病患者の為のサービスを開発したので、届けたい
[目標金額]
450,000円
[期間]
2015年10月15日(木)午後11時
*以下の入院時代の中川さんの写真から、クラウドファンディングのページへ飛びます。

クラウドファンディングページへはこちらから。

クラウドファンディングページへはこちらから。

Dr.NEAR logo

関連記事

WS000050

春休みに海外行くならこれを見よ!世界一周経験者が作るメディアが凄い!

世界一周後に起業し、日本と世界を繋げるメディアを立ち上げる。そんな動きがこの1週間で爆発している!

記事を読む

Iodine_-_Find_what_works_

薬を使用者が評価する、医薬品口コミサイト「Iodine」

アメリカのIodine inc.は、使用者の意見で構成した医薬品評価サイト「Iodine」を公開した

記事を読む

book4l

医学生が読書に没頭するきっかけとなったおすすめの本

先日、M-Laboライターの二宮さん、森さんが「読書をする理由」についてまとめていましたが、僕も本に

記事を読む

うんコレ

排便記録と大腸がん検診普及をゲームの力で!元潰瘍大腸炎患者の外科医が監修する「うんコレ」

大腸がん検診を普及させたいと考えていた外科医が監修する大腸菌擬人化ゲーム「うんコレ」が話題を呼んでい

記事を読む

cap5ule_110317_00

在宅医療をITで効率化!明日から使えるアプリ5選

在宅医療には効率化が求められている 高齢化先進国の日本。在宅医療は今後さらに推進していきます。しか

記事を読む

佐久総合病院

医療界における超人の生き様を知れるおすすめの3冊

今回は医療界における超人達の生き様を知る事の出来る本を紹介します。 彼らの生き様、成し遂げた事から

記事を読む

IMG_2332-768x1024

歩き方をスマートに!酷い歩き方を変える最も良い歩行矯正法

理学療法士の友達の紹介で歩き方の個人レッスンを受けに行ってきた!   歩き方が悪いとよ

記事を読む

チャイルドファーストプロジェクト

子ども虐待の問題を「自分にも関係ある問題」に【チャイルドファーストプロジェクト】

医師とクリエイターで子どもの虐待を「予防」する動画を作り、虐待で苦しむ子どもたちを1人でも減らしたい

記事を読む

うつ

うつ病やひきこもりについて考えてみたい方におすすめの3冊

うつ病など社会的要因が大きい精神疾患やひきこもりにまつわる本を紹介します。 ①『「社会的うつ病」の

記事を読む

bra1

医療学生にとって便利な3つのおすすめアプリ

医療系学生にとって実習などで疑問に思った事をすぐに調べる事はとても大事になります。しかし、医学書は大

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑