*

テレメディスン(遠隔医療)という新たな医療の形態。これにより様々な医療問題が解決する…かも!?

公開日: :

テレメディスン(遠隔医療)がここ最近注目を集めています。様々なIT(Information Technology)の発達とともに研究・応用が進められてきました。様々な医療問題を解決するかもしれない、新しい医療形態をご紹介します。

テレメディスン(遠隔医療)とは

この、ITっぽくてトガった言葉、「テレ(遠隔)」+「メディスン(医療)」に分かれることはお察しの通り。「通信技術を活用した健康増進、医療、介護に資する行為」を言います。

実はテレメディスン、1990年代終わり、今みなさんのスマホで使っている「LTE」電波の約500倍遅い、「INSネット64」という電波の時代から実用化されていました。スマホ使いすぎで通信制限がかかったときの半分の速度と言ったら分かりやすいでしょうか。

テレメディスンの2つのタイプ

遠隔医療をする医師

テレメディスンには2つのタイプがあります(画像はWikipediaより)

1、Doctor to Patient (D to P)

ビデオチャットなどを通して、映像や音声で医師が直接患者さんを診るといった方法。

なかなか病院に行けない妊婦さんは、モバイルの胎児心拍波形・陣痛を読み取る機械を使って胎児の様子を伝送し、遠隔の医師と胎児の様子を共有できるようなサービスが実用化されてきた。

2、Doctor to Doctor (D to D)

主に「主治医」と「専門医」の間で、医療用画像を伝送して、より高度な助言を受けるといった方法。

これまでによく用いられてきたのは、このD to Dタイプです。例えば、CTやMRIからの画像を送信して、専門医に読影してもらう遠隔放射線診断、手術中に患者から採取した病理組織画像を伝送し、遠隔地で病理診断を行う遠隔病理診断、といったものがあります。

この遠隔病理診断のおかげで、病理医のいない病院でも手術が可能となりました。そして、病理組織の採取と治療のためという2回にわたっての手術が、迅速な病理診断が可能となったことで1回で済むようになりました。

テレメディスンのこれから

富士キメラ総研によると、国内遠隔医療システムの市場は、2020年には2014年の2.0倍に拡大されると予想されています。

これまでは、Doctor to Doctor (D to D)が主に実用化されてきました。これからはさらに病院間のつながりを強くしていくと共に、Doctor to Patient (D to P)が進化して、我々の生活に浸透していきそうです。

それは、スマホやタブレットやwifi環境の発達により、簡単にオンライン環境にアクセスできるようになったこと。つまり、ITが我々の生活に深く浸透してきたことによるものが大きいです。

かなり進んでいるアメリカでのテレメディスン

アメリカでは、この分野のサービスがかなり進んでいます。

Plush Care, American Well, Doctor on Demandといったサービスではまず、患者さんがiPadなどのタブレットからアプリを立ち上ます。そして、話したい内容を選んで最後に医師を選ぶと、ビデオチャットで医師に診察を受けれます。(約10分で40ドル〜49ドル)

そのほかにも、様々なデバイスを用いた遠隔医療サービスとして、このような画期的なものが実用化されようとしています。

2015年中に医療革命が起きそうな、脅威の「スマホ連携ガジェット」11選はコレ!

大変面白い記事なので、ぜひ一度ご覧ください。

なぜ日本で浸透しないのか

国会議事堂

日本の政治の中心、国会議事堂     (画像はWikipediaより)

一方の日本では、なかなかこういったサービスが我々の生活に浸透してきません。それは医療制度としての遠隔医療がまだ浸透していないからです。医師法第20条には無診察診療の禁止が書かれています。しかし、厚生労働省は2011年にこの部分のこの部分の解釈の見直しをし、大幅な規制緩和を行いました。しかし、その規制緩和はあまり医療現場には届かず、なかなかテレメディスンの件数が伸びませんでした。

また、日本では国民皆保険制度があり、全国民が安価に医療を受けることができますが、遠隔医療において保険をどう適応していくかなど議論していくべきところは多いです。

つまり、技術的な問題ではなく制度的な問題、そして我々の認知の問題であります。

まとめ

遠隔医療に使用されるドローン

Drone(画像はWikipedia commonsより)

しかし、この遠隔医療をもっと様々な人に認知してもらえば、スマホやタブレットなどのデバイスを用いてオンラインで医療行為が受けられるようになる日は近いと私は思っています。

例えば、人間がパソコン類を使用して入力したデータ以外に、様々なモノに取り付けられたセンサーが人手を介さずにデータを入力し、インターネット経由で利用される「IoT(Internet of Things)」によって患者のデータが入力される。

また、オンラインで診療された処方箋をドローンが家まで運んでくれたり、医師がいない地域でドローンがモニターを運んでくれて、そのモニターで遠隔医療を受けられるようになる。そんな未来だったら面白くないですか!?

〈参照〉
日本遠隔医療学会図説・日本の遠隔医療2013遠隔医療の現状と課題

『関連記事』
薬を使用者が評価する、医薬品口コミサイト「Iodine」

人工知能「Watson」が医療改革を起こす日はすぐそこに!

関連記事

a8c35dfcbef57c92dd9418aed902dd20_s

医療者だから身につけておきたい救急救命技術

こんにちは、昭和大学歯学部4年の金箱志桜都です。  先日、BLS(主に心停止の人に行う一時救命処置

記事を読む

首つりとGoogle検索すると自殺防止広告

「死にたい」「助けて」YahooやGoogleで検索すると!?自殺防止に検索エンジンが取り組む

あなたは普段、検索エンジンの「窓」にどんな言葉を打ち込んでいますか。 「○○ 方法」「居酒屋 

記事を読む

うんコレ

排便記録と大腸がん検診普及をゲームの力で!元潰瘍大腸炎患者の外科医が監修する「うんコレ」

大腸がん検診を普及させたいと考えていた外科医が監修する大腸菌擬人化ゲーム「うんコレ」が話題を呼んでい

記事を読む

Unknown

ハーバード大学に留学する方法

留学するならばどこがいいでしょうか?アメリカ? はたまたイギリス? パリ? シンガポール? そ

記事を読む

bra1

医療学生にとって便利な3つのおすすめアプリ

医療系学生にとって実習などで疑問に思った事をすぐに調べる事はとても大事になります。しかし、医学書は大

記事を読む

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af

難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人工知能が医療にもたらす未来につ

記事を読む

佐久総合病院

医療界における超人の生き様を知れるおすすめの3冊

今回は医療界における超人達の生き様を知る事の出来る本を紹介します。 彼らの生き様、成し遂げた事から

記事を読む

Otvorena_knjiga

医療小説を読んでみよう!おすすめの3冊

今回は医療に関連した小説を3冊紹介しようと思います。医療や病院、医師を舞台にしたライトな小説というよ

記事を読む

cap5ule_110317_00

在宅医療をITで効率化!明日から使えるアプリ5選

在宅医療には効率化が求められている 高齢化先進国の日本。在宅医療は今後さらに推進していきます。しか

記事を読む

maxresdefault

医療者も踊る!?AKB48恋するフォーチュンクッキー動画まとめ

「あ、友達映ってる!!」 恋するフォーチュンクッキーとは、AKB48シングルの選挙結果を元に選ばれ

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑