*

花粉症対策としての「片づけ・掃除」

公開日: : 最終更新日:2015/02/18

花粉症対策といえば?

a02ec439d704c23433c9ef991f36b71d_s
スギ花粉の季節が近づいてきました。日本におけるスギ花粉症(以下、花粉症)は増え続けており、1998年から2008年までのあいだに有病率が約10%も増加したといわれています。「毎年つらい症状に悩まされ、色々な対策をしているけれどイマイチ効果が実感できない」という方が非常に多いと思います。

私の家族も全員、花粉症です。少しでも症状が出ると薬を飲んだり、良いとされる食べ物や飲み物を試したり、新しいグッズを買ったりしています。本格的に花粉が飛び始めると、「花粉を部屋に入れないため」といって窓やドアを閉めきってしまいます。

そんな家族を見ていて、もったいないと思うことがあります。せっかくセルフケアに努めているのに、大切な「片づけ・掃除」を忘れているのです。代わりに私が掃除をしても、片づいていない部屋を隅々まできれいにすることはできません。

「片づけ・掃除」を忘れがちなのは、私の家族だけではないようです。花粉症についてインターネットで検索してみると、以下のようなサジェストがありました(2015年1月30日)。
pollinosis01
pollinosis02
pollinosis03

やはり、セルフケアで注目されているのは「食べ物」「飲み物」であることが伺えます。「片づけ」「掃除」は、あまり検索されていません。

「常識だから、わざわざ調べないんじゃない?」というのも一理あります。しかし、花粉症を意識して部屋を片づけて、隅々まで掃除している人は、それほど多くないような気がします。

そこで今回の記事では、
「花粉の少ない快適な空間をキープするために掃除をしよう」
「掃除する前に片づけを終わらせよう」

という提言をさせていただきます。

「掃除」は診療ガイドラインに載っている

私は、だいぶ前から「何となく花粉症に効きそうだから」という理由で掃除をしてきました。本当に効くのかどうか気になったので、花粉症に関する診療ガイドラインを読んでみました。

以下、『鼻アレルギー診療ガイドライン2013』および『アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン第2版』からの抜粋です。参考のため、掃除以外の対策もあわせて載せておきます。

<スギ花粉の回避>
1. 花粉情報に注意する。
2. 飛散の多い時の外出を控える。外出時にマスク、メガネを使う。
3. 表面がけばだった毛織物などのコートの使用は避ける。
4. 帰宅時、衣服や髪をよく払ってから入室する。洗顔、うがいをし、鼻をかむ。
5. 飛散の多い時は窓、戸を閉めておく。換気時の窓は小さく開け、短時間にとどめる。
6. 飛散の多い時のふとんや洗濯ものの外干しは避ける。
7. 掃除を励行する。特に窓際を念入りに掃除する。
(鼻アレルギー診療ガイドライン2013)

室内に入った花粉を除去するためには、電気掃除機による定期的な掃除が大切である。
(アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン第2版)

屋外の花粉はマスクやメガネでしのぐしかないけれど、室内の花粉は掃除で減らすことができる、ということがわかります。「窓際を念入りに」「電気掃除機による定期的な掃除」がポイントのようです。

どんなに花粉が多い日も、せめて自宅ぐらいは快適な空間にしておきたいものです。

掃除の前に片づけを終わらせよう

2250fd89369148897c5ebb54738db8ad_s
いざ掃除をしようとすると、なかなか思い通りにいかないかもしれません。仕事が忙しい上に、料理・洗濯・その他の家事に追われていれば、どうしても掃除は後回しになってしまいます。

ただ、掃除に時間がかかったり、やる気が出なかったりする主な理由のひとつは「部屋が片づいていないこと」であると私は考えています。本や書類、脱いだ服、ビニール袋、携帯の充電器などが床に落ちていると、掃除機をかけるのは大変です。かけたとしても不十分になりがちで、気分も晴れません。

逆に言えば、片づいている部屋の掃除は簡単で、すぐに終わります。
効率よく花粉を除去するために最も重要なのは、掃除の前に片づけを終わらせることです。

ここで「片づける時間がない、やる気が出ない」という問題が浮上しますが、片づけにはコツがあります。個人的には、
・不要なものを捨てることから始める。
・掃除のしやすさを重視してシンプルに収納する。

の2つが原則だと思っています。

「今日こそ片づける!」という意気込みがなくても、不要なものを捨てるだけで部屋は片づいていきます。

まとめ

花粉症は、実に多くの人を悩ませる健康問題です。あまり苦しいときは無理をせず受診すべきだと思いますし、薬を飲むのも良いと思います。

セルフケアも多種多様で、どの方法が合うかは人それぞれだと思いますが、「片づけ・掃除は、もっと注目されてもいいのでは?」と感じたので記事を書かせていただきました。花粉症で苦しんでいる方々にとって、少しでも参考になれば幸いです。

<文献>
・鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会:鼻アレルギー診療ガイドライン―通年性鼻炎と花粉症―2013年度版(改訂7版). ライフ・サイエンス.
日本眼科学会:アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン(第2版)(pdf閲覧可)

『関連記事』
アトピー患者の視点と経験から描く新しい医療のしくみ

医学生が救急外来を受診して気付いた医療現場の優しい空間

音楽を通じて1型糖尿病を多くの人に理解してほしい「1-GATA」

【Facebookで最新記事を配信しています】

関連記事

WS000112

データ活用による医療の透明化が医療の質の改善に繋がる

メディアが未来を変えるには?そんな話題で5月にMITメディアラボ×朝日新聞シンポジウムが行われた。そ

記事を読む

6493_1037707481382_3955873_n

キューバの社会主義と似ている?日本の医療

はじめまして、研修医を終えた数日後に世界一周に旅立ち、最近ようやく帰国しました中島侑子といいます。

記事を読む

01_947375_31536446

「痛み」をナラティブに考えるための3冊

 入院中にAmazonでポチりまくってる谷岡です。暇に飽かせて、読書だけは励んでいますw いろんな

記事を読む

コグニサイズ5

認知症予防の新らしい頭と身体の体操「コグニサイズ」

認知症予防の必要性 現在65歳以上の4人に1人が、認知症とその予備軍であるといわれています。さらに

記事を読む

01_トップ

獣医学生から見た「医療」とは

はじめまして!麻布大学獣医学科3年の班目美紀(まだらー)です!今は、養豚から世界を明るくしていきたい

記事を読む

8ed105d5

医療者が死生観を決めつけることへの違和感ー研修医の提言①

数年前から医療者は「死生観」を学ぶべきだという風潮が医療界に漂っている。 しかしその安易な風潮

記事を読む

OZP85_yabeeonakaitai500-thumb-260xauto-3527

腰を温めて便秘を解消する際に、最適な温度とは?【私達を支える看護学③】

看護学研究の世界へようこそ! 私達を支える看護シリーズ第3弾です!前回は「うつ伏せで寝ることによっ

記事を読む

議論

「医療化」って知ってますか?<医療と社会の関わり方>

任意団体「かさまねっと」は、2013年9月から茨城県笠間市の医療・福祉・介護の対話の場作りを行ってき

記事を読む

20120722183100414

リハビリテーションと異分野融合の可能性

はじめまして。 愛知でリハビリテーションを専攻している中川 征士と申します。 これから月に数回程

記事を読む

コーヒーカップ

ピルについて調べてわかった4つのこと

初めまして。このたびライターとなりましたKirikouです。 ピル飲んでみる?と言われて 早速す

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑