*

経営が医療の現場を変える!ケアプロ川添高志さん

公開日: : 最終更新日:2014/12/06

【M-Labo Social インタビュー企画】

今回のインタビュイーは革新的なヘルスケアサービスのプロデューサー、ケアプロ株式会社川添高志さんです!

テーマは医療×起業!そして看護を取り巻く現状や学生たちに川添さんが期待することなどを医療学生4名がお聞きしてきました。

川添

川添高志
ケアプロ株式会社代表取締役社長
高校生の時に父がリストラに遭い、大企業に勤めることに疑問を持ち、起業を志す。医療と経営を学ぶため、慶應義塾大学の看護医療学部に進学。経営コンサルティング会社、東京大学医学部付属病院での勤務を経て、2007年にワンコイン健診を事業とするケアプロ株式会社を設立。その後セルフ健康チェック等の予防事業に加え、24時間365日対応の訪問看護ステーションとして在宅医療事業も行う。

【ミッション(使命)
革新的なヘルスケアサービスをプロデュースし、健康的な社会づくりに貢献する。
【ビジョン(未来構想)
革新的なヘルスケアサービスをプロデュースするプラットフォームカンパニーを目指す。
【バリュー(価値観・行動規範)

  1. プロとして正しい医療倫理観を持て。
    「制度に触れないか」「儲かるか」ではなく、「社会に本当に必要かどうか」を判断し、多様な利害関係者の期待に応えよ。
  1. 医療界の革命児たれ。
    従来の医療のあり方に変革を与え、インターネットなどの新技術を応用し、既得権益に居座らず、より顧客の便益を高める医療サービスを開発・提供し続けよ。
  1. 新市場の先導者を目指せ。
    21世紀の中核的産業の創造および育成を担うリーディングカンパニーとして、世界に通用する日本医療界のHONDA、SONY、TOYOTAとなれ。

I,先駆者の川添さんから学べ!医療で起業するということ

「経営は、現場を変える!」そう思い、看護と経営を学ぶことを考えました。

藤巻:高校の時から、起業を志していたとのことですが、その意識がついた環境要因やご両親などの影響はあったのでしょうか?

川添さん:僕は最初、中学校まではひとまず良い大学に行き、大企業で働こうと考えていました。東京大学に行って官僚になろうとか、いわゆる流行の観点からです。自分の父が良い大学に入って良い企業に行っていたこともありましたので。

でも、高校1年の時、父がリストラに遭ってしまった。そこから見方が180℃変わり、大企業にあっても潰れれば大変な思いをするのか。こんな父親みたいにみじめになりたくない。じゃあどういう風に将来生きていくのかということを考えたとき自分で仕事を創り出していくようになりたいと、そう思いました。

ちなみに高校の時のニックネームは“社長”です。ただ、社長になってもどういう分野でやっていくのかが重要です。

藤巻:なぜ医療で起業することを志したのですか?

川添さん:幼稚園生のときに咽頭のポリープを切除したことがあり、本当にしゃべれないし飲み食いも出来ず、どうなるかと思ったことがありました。健康って本当に大切なのだと認識してから健康に意識が高まったのです。今日も、午前中ランニングしていましたよ(笑)

他にも高校3年生のとき介護施設でボランティアをしていたときに、システム上、おむつに排泄しているのに1日3回しかおむつ交換できない現状を目の当たりにし、経営を良くしていくことはサービスの質を上げることが出来ると感じたことがあったのです。

「経営は、現場を変える!」そう思い、看護と経営を学ぶことを考えました。そしてたまたま自分が大学入学する年に、慶應大学に経営も学べる看護医療学部が設立されました。まるで僕のためかのように(笑)

IMG_5864 (2)
―取材前のメンバー、ちょっと緊張してます―

Ⅱ,医療者が新しいサービスを創造するためには

臨床を経験して現場のニーズを知り、経営に反映していく

濱田:ワンコイン健診というのは新しい経営の仕方であると思うのですが、どうやってそのサービスを生み出したのですか、きっかけを教えてください。

川添さん:すべては現場にきっかけがありました。やはり一番は現場のことを知ることだと思います。企業にも現場をよく知っている経営者が必要で、そうでなければニーズを語れないです。

そして看護師として病院勤務をしている経験があるとメディアなども信頼度が違います。こちらには病気を予防したいという気持ちがある。それを看護師として語れる部分が自分の強みであると感じています。

ワンコイン健診も訪問看護も最初は現場を経験していました。それから徐々にメンバーに任せていったのです。臨床を経験して現場のニーズを知り、経営に反映していく、それが重要ではないでしょうか。

Ⅲ,これからは新卒で在宅医療を支えるナースが必要!

24時間365日訪問看護をする為に、若手でも出来るというエビデンスを自分達で作っていく

濱田:今の20代のゆとり(さとり)世代の私達、医療系学生へ川添さんが思うことをお聞かせください。

川添さん:(看護学生には)これから求められるのは新卒訪問看護師だと思っています。というのも、在宅医療に従事するナースがこれから沢山必要になってきますが、新卒の訪問看護師はまだ1万人に1人くらいしかいない。そのうち看護系大学の実習カリキュラムが変わると思っています。

※訪問看護とは、要介護者および要支援者に対して主治医の指示書のもと、看護師が居宅を訪問し、療養上の世話または必要な診療の補助を行い在宅療養生活を支える行為であり、訪問看護ステーションの管理者は看護師である。(保険によっては保健師、助産師がなることもある)看護技術や判断力などより高度な専門性が求められる。

今は病院実習で成人や精神実習などを行っているけれど、そのうち在宅の成人看護や在宅の精神看護など在宅がメインのところが入ってくるのではないかと。聖路加国際大学と新卒訪問看護師教育のガイドラインを作っています

24時間365日訪問看護をする為に若手でも出来るというエビデンスを自分達で作っていくことが大切です。1回出来ると一気に拡散していくわけなので、今まで諦めていた人たちも集まってくると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊藤:訪問看護師で経験も浅い人が通用するのか知りたいのですが。

川添さん:普通の病院と同じで教育を受けて、先輩と同行訪問をします。新人の訪問看護師では1人で単独でできるようになるためにはだいたい10~20回の同行訪問をします。

単独訪問するまでに何回も何回も同行していきます。ケアマネや主治医との連携のやりとりも先輩と一緒にやっていきます。
病院と変わらないですね。教育して、出来るようになったらやって貰うという形です。

渋谷:新人研修で新卒の方は何人ほどいらっしゃるのですか?

川添さん:新卒は1人です。新人というものの定義がまだ業界としてはなく、臨床経験1年~5年とかいろいろある。ケアプロの若いメンバーには、臨床経験が2年くらいの人が2人、3年くらいだった人が3人、5年くらいだった人が3人ぐらいいるのですが、新人といえば新人ですが出来ると言えば出来る。

みんなが言うのは知識的に技術的に出来ることはもちろん大切ですが、病院の経験があれば何でもできるわけではないということです。介護保険制度や利用できる制度のこともありますので。在宅を経験していなければ全員新人といえば新人と言えるのではないでしょうか。

IMGP3847

渋谷:臨床経験があっても在宅となるとまた新人として扱う必要があるのですね。

川添さん:在宅を理解していないままで病院の通りにやってしまうと、利用者さん主体ではなく、看護師主体になってしまい、トラブルになってしまうことも多いです。

渋谷:独立開業支援プログラムではどのような支援をされているのですか?

川添さん:今はまだ独立した人がいないのですが、例えば入職して3ヶ月後に、足立区のサテライトステーションの立ち上げをしている者もいます。また、中野区の訪問看護ステーションを2年ぐらいやっているのですが、そこの所長が交代しました。所長を交代させた理由は、新しい所長が将来沖縄の地元で開業するためです。自分の地元で開業する前に、所長業務としてシフトの調整などを学ぶ。

他にも地域の方々との会合があり、そこに出て、様々な情報交換をし、採用面談や教育ステップなどを学ぶ。あとは毎月何百万の売上、という目標立てて、どのくらい見込みを達成できるのか、費用として、人件費、家賃、通信費はどのくらいかかってくるのか、黒字なのか、赤字なのか赤字なら何がいけないのか、数字を毎週みています。こうやって徐々に経営を分かっていくようになっていく。経営者としても看護師としても若いので周囲の人には驚かれます。

Whats-your-management-style1

Ⅳ,ケアプロ、インドに展開?!

健康のニーズは海外にゴロゴロ転がっている

川添さん:今後、絶対広がっていくので先行投資しています。新卒で訪問看護をやるならケアプロ!そういう風にブランディングするのはそのひとつ。他にも、海外で仕事を作っていくという先行投資が必要です。

日本はいま医療資源が枯渇してきていて、医、薬、看は仕事が無くなっていく可能性だってあります。現在、JICAの業務としてインドでのセルフ健康チェックのニーズ調査をしています。インドでは保険の加入率が15%、人口は30%増えており、経済成長は年率8%なのです。そこから今後の将来像を予測して、展開していく。ショッピングセンターで血圧や体重を測るとか。

健康のニーズは海外にゴロゴロ転がっています。海外の医療課題解決をしながら、外貨が稼げます。国内市場だけに目を向けていてはいけません。そして、世界的な社会起業家支援組織のアショカなどに海外展開を協力してもらうなど、ネットワークや人脈を持つことは大事です。

学生のうちから人脈は作っておくべきだと思います。学生の問題意識や授業では足りない何かを大切にし、その何かを整理し問題を抽出していくことを若い人にはして欲しいです。

そんな川添さんに、『医療界に物申す!』と題して最後に一言書いて頂きました。

IMG_5865 (1)

「物申すことはない 我々が変えていく」川添高志with M-Labo―

実践されている川添さんだからこそ出るこの力強い一言、さすがです!

ⅴ,編集後記

今回、実は取材させて頂いたのは、随分と前だったのですが、編集の都合でなかなかリリースが出来ずにいました。しかしこれからの医療の担い手である私たちにとって川添さんのような先駆者から学ぶものは非常に多いと思います。

最初は小さくとも徐々にフェードアウトさせ、社会の先を読み医療の様々なニーズに応えていく。経営者の視点で医療を紐解く。並大抵のことではありませんが、一人では出来なくともみんなで協力すれば必ず、医療をもっとより良くしていくことが出来ると思います。

その為にも学生のうちから医療や私達を取り巻く社会に関心を持ち、行動を起こしていくことが求められているのではないでしょうか。

インタビューさせて頂いたこちらのケアプロ株式会社では社長インターンも募集しています。熱い志を持つ医療学生、社長の元で事業マネジメントやビジネスモデルを学ぶことに興味のある学生は是非、エントリーしてみてはいかがでしょうか。

文責:東京女子医科大学 濱田紗佑里

<参考URL>
ケアプロ株式会社 公式HP http://carepro.co.jp/

『関連記事』
病んでいる世の中に仕える―病院チャプレン ケビン・シーバーさん
デザインで医療の問題を解決する―【issue+design】社会の課題に、市民の創造力を 筧裕介さん
政治の現状を変える手段は自分でつくる!ーNPO法人YouthCreate代表 原田謙介

関連記事

林さん945821_391100527678469_521980528_n

自分の意見を持つことの大切さを子ども達に伝えたい。-模擬選挙推進ネットワーク事務局長 林大介

前回のインタビュー:政治の現状を変える手段は自分でつくる!ーNPO法人YouthCreate代表 原

記事を読む

535795_612741302082377_283972227_n

政治の現状を変える手段は自分でつくる!ーNPO法人YouthCreate代表 原田謙介

【新企画 M-Labo Social】  NPO法人YouthCreate代表の原田謙介さん に、

記事を読む

IMG_4724

日本橋を医療イノベーションの拠点に 医療×異分野を若者から発信!

みなさんは日本橋と聞くとどのようなことを思い浮かべますか? 五街道の始点、老舗が集まる街など様

記事を読む

みらつく

対話でソーシャルイノベーションを起こす ーNPO法人ミラツク代表 西村勇哉さんインタビュー

【M-Labo Social インタビュー企画】 テーマは『医療×デザイン』!二人目のインタビ

記事を読む

DSC01131

知恵を共有するコミュニティ「untickle」 野村千代さんインタビュー

みなさんは、アトピー性皮膚炎の友人や家族はいますか? 着るものや食べるもの、ストレスとなる環境

記事を読む

写真

デザインで医療の問題を解決する―【issue+design】社会の課題に、市民の創造力を 筧裕介さん

【M-Labo Social インタビュー企画】M-Labo Socialならではのコンセプト!So

記事を読む

a0002_011860

なぜ私たちは行動に移せないのか?

※この記事は、インタビュー記事政治の現状を変える手段は自分でつくる!ーNPO法人YouthCreat

記事を読む

IMG_4789

先駆者が語る! 医療イノベーションのあるべき姿 瀬尾拡史さん×西村有未さん

前回の記事でも紹介したMedical Innovators Summit。いよいよ開催が7月4日に迫

記事を読む

けびん

病んでいる世の中に仕える―病院チャプレン ケビン・シーバーさん

隅田川の畔にたたずむ聖路加国際病院で病院チャプレンをしていらっしゃる、ケビン・シーバーさんにお話をお

記事を読む

Workshop

異分野同士の理解を促すダイアローグという手段

【M-Labo Social インタビュー企画】 ※前回のインタビュー記事はこちら 引き

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑