*

医療系学生同士が交流すべき3つの理由

公開日: :

 きむらえりですこんにちは。お客様から「上下にプレスしたパンダ」と評判です。顔が。

 

昨年私はION(あい・おー・えぬ)という看護学生だけの学生団体の代表を務めていました。

1年生の冬くらいから学生団体云々に関わりだし、強い情熱を持って毎週のように勉強会やセミナーに通う、俗に言うセミナー厨を経験した後今では順調にインターネットの中の人になりつつあるのですが、

それでも週に1度は看護学部以外の医療系の友人(主に医学部と薬学部)と飲みにいきつつ月に1度は何らかの勉強会、ワークショップに行くようにしています。

 

といってもそうしなきゃいけないと思っている訳ではなく、ただ単に医療系の人たちといるとびっくりするくらい楽しいのです。

もちろん医療外の友人といるのも楽しいのですが、医療系の人は別格。今回はどうして医療系の人たちがこんなに楽しいのかお伝えしようと思います。

 

1.自分の学部、職種ってすごいなと思う

2e6118144aa959cb08a0dd69647ca93b_m

学部の中にいると、みんな同じような能力で同じようなことばかり学んでいるので、自分が学んだことがいつの間にか知っていて当たり前のことになってしまいます。

例えば、コミュニケーションの方法を教わり、実習を繰り返している看護学生にとってコミュニケーション能力は基礎体力みたいなものですが、普通看護学生のようなコミュニケーション力なんて持っていないことを実感するのは、他学部の人と話した時です。

おそらくどの学部にとっても、自分が学んでいることの専門性が可視化されるのは共通項のある他学部と関わった時であり、他学部生と関わるなかで、自分が学んでいる内容から言えることが自信に繋がります。

そんなに熱心に大学の勉強してないや……と思う方もいると思いますが、試験前に過去問だけ解く程度の勉強でも、学ぶ内容が違えば驚くほど他学部と違いが出るのです。

 

2.医療系他学部を知ることができる

色鉛筆

人間、自分達が知らない人のことは軽視する傾向があるのかもしれません。

私自身、1年生の時には他学部との関わりがほとんど無かったため、医者ってどうせ患者さんのベッドサイドにもいないくせに偉そうな人たちなんでしょ?と思っていたし、正直他の医療職種のことなんて考えたこともありませんでした(ほんとすいません)。

実際に多くの医学生の医学生と関わってみると、確かにそういう鼻の高い方もいない訳ではありませんが、

多くの医学生の患者さんに向き合う気持ちを心から素晴らしいと思い、なぜ将来同じ場所で働く職種の人のことを理解しようとしてこなかったんだろう?と感じました。

また、薬剤師がどんな仕事か、理学療法士が何を学んでいるのか、救急救命士には何ができるのか……多職種連携が注目されている割には、大学の中で他の職種のことをリアリティを持って学ぶことはありません。自ら理解しに行かなければ、将来「何やってるかよく分からない人達」と連携していかなければいけなくなる可能性が高いのです。

 

3.違う職種の人を尊敬できるようになる

マスク

同じ医療系の中でも、職種が変われば共通言語すら変わります。

勉強会の症例検討で、同じ症例に向き合っているはずなのに他の学部の友人たちから飛び交う専門用語が聞いたことの無いものだった時には圧倒的な知識量にくらくらし、

看護学生が患者さんを「生活」という単位で考えるのに対して、他学部が身体の内外や投薬などから考えているのをみた時には、自分には無い思考回路を持つ彼らのことを心から尊敬するようになりました。

極端に忙しい医療現場の中に入ってからでは、そのような視点の違いを受け入れる余裕があるかどうか怪しいものです。

だからこそ、学生のうちから職種による違いを受け入れる姿勢が、働き始めてからの円滑なコミュニケーションに繋がっていくのではないでしょうか。

 

まとめ

2014年8月23日~24日にMedical Future Fesという、医療系学生最大のイベントがあります。

MFF2014

テーマは「君のワクワクを、みつけよう」。

・TEDのようなプレゼン企画
・ドクターGのような臨床推論
・医療にもスポーツにも欠かせないチームビルディングについてのディスカッション
・初の全国医療系学生ミスコン
・昨年に引き続き医療系アプリ開発コンテストApplicareの決勝

などなど、どんな医療系学生でも「楽しい!」と思える企画が目白押しです!

この記事を読んで、医療系学生1000人が集結する、日本最大の医療系学生イベントに来ない手があるのでしょうか?

今まで医療系のイベントに参加したことの無かった方にとっても楽しめる、というか初参加の方を楽しませたい!とスタッフの皆様が奮闘中ですのでぜひ皆さまお越しくださいね!

公式ホームページ はこちら!
http://www.mff2014.info/
(M-Labo運営のおにーさん達が、詳細フルで載せるの許可くれなかったので、詳細はリンクからお願い致します。)

関連記事

MOOC2

医学教育にオンライン講座の導入を②

医学教育へのオンライン講座導入について、前回のエントリーとは別の視点(東北に医学部を新設するかどうか

記事を読む

alone-in-town_00443075-1024x576

とてもシンプルだった。1人でいたい時がある理由。

  なんで1人でいたい時があるんだろう?ただの生物なのに。   生物学

記事を読む

fw088_l

ブログで自分を発信すると絶対得する3つの理由 〜後半〜 

さて後半です。  前半では書く事で開かれる人生について触れました。 「ブログで自分を発信

記事を読む

猫_yukiyamada

自信がないって素晴らしい!自信がない人に伝えたい2つのこと

 こんにちは、きむらえりです。 前回の風俗嬢の記事(http://mlabo.net/wp/201

記事を読む

Business-People-Team-With-World-Map_thumb

本当の良い医療チームとは、多様・受容・調和が共存するチームである

 自分に専門性を持ち、それに加えて人的ネットワークを持つ。   昨年の夏に人生を迷って

記事を読む

DL012_L_a

渋谷健司先生へのインタビューから考える「リーダーシップとは何か」

先日、医学書院の方に、ハーバード大やWHOなどさまざまなフィールドでご活躍されてきた渋谷健司先生(東

記事を読む

13

テクノロジーの進化によって、仕事の在り方・私達の生活が変わる

以前、テクノロジーの世界が私達にもたらす影響の話をさせて頂きました。 →http://mlabo.

記事を読む

9aeb761c8f967db702bf877b61d8fbe7

ブログで自分を発信すると絶対得する3つの理由

どうも寒いですね、本当に。 この記事はざっくり言うと、 ブログで自分を発信するのはマ

記事を読む

did-logo_s

暗闇のソーシャルエンターテインメント|ダイアログ・イン・ザ・ダークを知っていますか?

あなたは、目以外のなにかで、ものをみたことがありますか? 鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、

記事を読む

コンドームつけ方_アイキャッチ

正しいコンドームの付け方-安全にスムーズに着ける方法-

久しぶりに会う人の6割強に「太ったよね」と言われます。きむらえりですこんばんは。 性教育につい

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑