*

Cycling Africa 〜DAY 3〜

公開日: : 最終更新日:2014/12/28

医学生のアフリカ旅|旅の始まりはこちらへ「1年間休学させてください」
ナミビアから南アフリカ共和国までの14日間1600kmの自転車旅の軌跡 Cycling Africa 〜prologue〜

朝6時、自然と目が覚めた。昨晩あれだけ強かった風はすっかり止み、枯れ草が小刻みに気持ちよさげになびいている。昼間あれだけ暑いにも関わらず、夜中はそれなりに冷えるナミビアの大地。砂漠的な気候帯にいるんだな、と再実感させられる。

ミハラはまだ寝ていたので、一足先に次の町へと向かうことにした。ナミビアの朝は最高に気持ちがよい。空気が水晶のように澄んでいて、思わず深呼吸せずにはいられない。何より、繰り返しになるが、暑くない。

 

そんな爽快さも束の間で、8時を過ぎると体に太陽を感じ始め、10時になると汗が体を湿らせた。道中、ナミビア→南ア間を定期運行するバスが3度僕を追い抜いていった。『intercape』と車体に描かれた品の良いそのバスは7000円(現在は値段変更があり倍の14000円と聞く)もするらしいが、エアコン・リクライニング完備の車内で、たった24時間惚けているだけでケープタウンまで辿り着けるというのは、実にけしからない話だ。自分が今まで如何に「移動」した距離というものを考えることをしていなかったかが身に染みた。

砂漠

ウィントフックから約200km離れた地図上の小さな点は、本当にささやかな村だった。町の入り口には古ぼけた白い看板が立てられていた。

 

Welcome to Kalkrand(カルクランドへようこそ)

 

その看板が見えた時の嬉しさといったら、筆舌に尽くし難い。

とりあえず手近な店で1.5Lの冷たいコーラを一気に飲み干した。ビールじゃなくて、コーラ。チャリダーのために作られたんじゃないかと疑うほどに、美味い。僕にとっての聖水である。からっからに乾いた喉に一気に染み渡り、思わず涙が出る。

ミハラがくるまで仮眠しようと思い、店の隅の段差に横になった。やけに広い店内にはビリヤード台が一つとアーケードゲーム機が一つ置いてあった。夢か現かとその村の二大娯楽に群がる少年少女たちを眺めていると、警察官が急に割りいって来てアーケードゲームをし始めた。起き上がって画面を覗いてみると、随分と古いストリートファイターだった。こんなナミビアの片田舎にも母国の欠片があるとは、不思議なものである。そんなことを思いながらゲーム機から聞こえてくる「波動拳ッ!波動拳ッ!」という懐かしい響きに耳を澄ませた。

ミハラの到着後、村に一件あると言うホテルレストランへと自転車を走らせたところ、この規模の村にこんな立派なものが!と失礼千万ながら驚いた。ちょっとした小物やインテリアに凝った内装はヨーロッパを彷彿させ、この場所だけがハッキリと「異端」であった。

もちろん、品書きも日本と遜色ない程高かったが、久方ぶりのまともな飯である。そこを出し惜しみするのは野暮というものだ。オムレツとハンバーガー、それにこれでもかという程冷えた炭酸を4、5本ぺろりと平らげた。

そして、さらに驚くべきことに、中庭にはなんとプールがあった。経営者に尋ねると「使ってもいいよ」とのこと。ザンビア以降はプール付きの宿を見かけるようになり、あれだけプールがあっても面倒臭さに負けて入ることを拒み続けた我々であったが、顔すら暫く洗っていないのだ。積極的にお言葉に甘えることにした。

プールの水は少し冷たいが、午後の日差しはオラオラと田舎の不良並に勢いを増しており、つまり非常に丁度良かった。ベンチに腰掛け体が乾けば再び水に飛び込み、貴族もかくやと言わんばかりにリッチかつインモラルな昼下がりを過ごした。こんな予想外ならいつでもウェルカムだ。

 プール

『12:00〜2:00頃の炎天下を走るのは下手をすると命に関わる』という前日の教訓を真摯に受け入れることにした我々は、夕刻風が強くなる前に、禿げるほどに後ろ髪を引かれる思いで、この夢のような村を発つことにした。

村の外れにあるガソリンスタンドで水や食料を買い足した時、店員が「ダンケ(ドイツ語で有り難うの意)」と言っていた。「ああ、この国はドイツ領だったんだなあ」と改めて実感する。文字の知識と現実が一気に近づくような、そんな肉感を伴う経験の積み重ね、それが旅なのかもしれない。

店の前で出発の準備をしていると、一見胡散気なトラックの運ちゃんが「後ろにいる男共がお前らの荷物奪い取れないか話してるぞ、気をつけろ」と忠告してくれた。

村から一番近い休憩所では、車を停めお茶をしていた家族がこの先の道の様子についてアドバイスをくれた。サソリやヘビが多いこと、酔っぱらいや強盗もいることを教えてくれた。

日暮れ前に見つけた荒野のど真ん中に孤独に佇む柔らかな雰囲気の牧場の家族に「今晩泊めてくれないか?」と頼むと、快く見ず知らずの薄汚いアジア人を受け入れてくれた。

今日もナミビアは、人の親切が温かかく、夕日が優しく燃えていた。

 

12275_10151191966067857_361713297_n

 

次話:Cycling Africa 〜DAY 4〜

医学生のアフリカ旅|旅の始まりはこちらへ「1年間休学させてください」

関連記事

yamadamachi

震災当日、僕は屋久島にいた。10日後、被災地を歩いていた。

震災当日、皆さんはどこにいましたか? 僕は、2011/3/11。所属するワンダーフォーゲル部の

記事を読む

IMG_1007

Cycling Africa 〜prologue〜

マラウィ→ザンビア国境での前回記事(「なんとかなる」力)から随分と時間が空いてしまったが、アフリカ続

記事を読む

konoyubi_gaikan

福祉業界を変えたい人必見!ー医学生おすすめのボランティア施設

帰り際の挨拶で涙がこぼれそうになった。   本当に感動した。   20年かけて富山型福祉をこ

記事を読む

okinawa

自分が患者になるとは思ってもいなかった その2

決意の一歩 その1(http://mlabo.net/wp/2013/11/565/)で書いたよう

記事を読む

unnamed

Bad luck医大生のGood luck世界一周Vol.1

はいどーも。たろです。初めまして。 「世界一周」 突然ですがこの四字熟語。みなさん読んでみて何を

記事を読む

380384_268925823218888_104443371_n

国連オフィスに行ってきた。

ケニア北部にあるソマリア人難民キャンプ「ダダーブ」でNGO活動されていた黒岩揺光さん。今年の1月に氏

記事を読む

IMG_0274

1年間休学させてください

「1年間休学させてください」  大学1年の秋、休学申請手続きを始めた僕に対する反応はなかなか厳しい

記事を読む

image

Cycling Africa〜DAY 5and6〜

医学生のアフリカ旅|旅の始まりはこちらへ「1年間休学させてください」 ナミビアから南アフリカ共和国

記事を読む

IMG_1415

カフェ起業をして感じた、お金を使わない労力が生む秘めた力

僕は、4年生の時にカフェを創設、運営しておりました。今日は学生の力を集結させて生まれたこの店の一つの

記事を読む

17884794

ドラクエから学ぶキャリア術

この度、ライターに加えて頂きました。 感護師の坪田康佑です。 社会と医療を繋げるM-Laboさんだ

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑