*

医療者が知っておきたい、経営学者から学べる3つの視点

公開日: : 最終更新日:2014/06/01

今日は、半年前高校の同級生(文系)に「ここ最近読んだ中で一番面白かった本は?」と聞いて読んでみたら、学ぶことの多かった”ある一冊”を紹介します。

 この本では、ニューヨーク州立大学バッファロー校のビジネススクールで教壇に立たれている著者が、経営学者が取り組む最先端の研究を紹介しています。

 僕自身は、経営学について深く学んだことはなく、まだ本質的なことは理解しているとは言えません。しかし、本を読んで興味深い内容が多くありました。その中で、これから医療の現場で生かせそうな3つの視点をピックアップして紹介したいと思います。

①組織のラーニング・カーブ

※ラーニングカーブ:経験曲線の英称

経験曲線とは、ボストンコンサルティンググループが提唱した考え方で、経験曲線や学習曲線、習熟曲線とも呼ばれる。
生産量や作業量が増えるとその分その製造や思考に対する経験則が積上げられ、製造や思考、作業の効率が高まっていくという考え方。また、累積生産量と単位コストの関係を表した曲線のこと。経験の限界成長率は当初高く、絶対的な成長度合は経験量とともに積みあがるが、限界成長率は徐々に低下していくものと考えられている。

ラーニングカーブの例として、外科手術が挙げられています。執刀チームが「同じメンバー」で繰り返し手術を経験するほど、手術時間を短縮できる。

例:同じメンバーで10回手術→手術時間は10分短縮)

surgery

 一般に外科手術におけるラーニング・カーブというと「執刀する個人」にばかり目が行きがちですが、「チーム」としてのラーニング・カーブが存在するのです。

 他にも、「病院組織」というくくりでもラーニング・カーブは存在したりします。

 ずいぶん前から「チーム医療」という言葉は使われていますが、どういうサイズ・メンバーが最適なチームとなるのか、また何を経験し、どのようなことを「組織の知」として学習するのが良いのかという所まで踏み込んで考えるのが大切ではないでしょうか。

②トランザクティブ・メモリー(Who knows what)

※トランザクティブ・メモリー:組織学習の一つの側面である組織の記憶力(経験によって学習した情報の蓄積)において重要なのは、組織全体が「同じ知識を記憶すること」ではなく、「組織内で『誰が何を知っているか』を把握すること」である、という考え方。

組織の記憶と個人の記憶を分けること。ヒト個人に根付いた専門知識を組織が効果的に引き出せるように、「このことが分からなければあの人に聞く」という「知のインデックス・カード」が組織に浸透していれば、記憶の効率は高くなります。

memory

 そのためには、

①組織メンバーそれぞれが専門性を高める
②相手が何を知っているかを正しく把握する

ことが大切で、逆に組織全員が同じ知識を共有することは非効率的。

 おそらくここで大切なのは、②をできるだけ見える形にし、多くの人がその情報をキャッチしやすい仕組みを作ることで、それにより①において各々の個人が自らがどこにおいてスペシャリティを持つべきか考えやすくなると思います。

③15%ルール

 ideo
 イノベーション企業の代表格である、アメリカの3M社やIDEO社は、従業員が自分の業務時間の15%を使って、日頃の業務にとらわれない活動を行ってよいことになっています。この時間を、普段はできない「知の探索型」の活動をすることで、様々な知見を手に入れ、クリエイティブな発想をできるようにする。

 医療の世界は、どうしても一点集中であることが正義かのように扱われることが多いです。しかし、15%までとはいかなくても他の視点も取り入れながら業務を行うことで、新たに価値のあるものを生み出す可能性が拡がるのではないでしょうか。

 医学部新設の議論では、これ以上医師数を増加させると20年後過剰になるのでやめるべき、という意見もありますが、余ったらそれはそれで、各々の医療者がよりイノベーティブな取り組みをする時間が増えるということで、メリットもある気もします。それこそ、医師で起業する人が増えやすい環境にもなりますし。

「社会科学する」ということ

 著者は世界の経営学者に求められている事として、「社会科学の目を通じて、(実業界の有名人の)おもしろい話が本当に経営の真理なのかを探究すること」としています。一つの経営現象を多角的な視点から分析することが重要だそうです。

 この話の「経営学」を「医学」と置き換えた時、社会医療学者にとっては同様のことが言えるのではないでしょうか。最近だとミクロなら再生医療やゲノム解析、マクロなら手術ロボットや遠隔治療、クラウドを活用した健康管理など続々と先端技術が登場しています。それぞれ魅力的なものでしょうから、経営学といった視点を含め、これらの技術はどのように評価されるのか、どれくらいこれらに依存するべきか、という研究はとても興味深いです。

関連記事

e784a1e9a18c

国家資格プラスアルファという考え方

麻布大学獣医学科のまだらーです!! 先日、第65回獣医師国家試験が行われました!今までお世話になっ

記事を読む

コグニサイズ5

認知症予防の新らしい頭と身体の体操「コグニサイズ」

認知症予防の必要性 現在65歳以上の4人に1人が、認知症とその予備軍であるといわれています。さらに

記事を読む

p02-3-l

ドクターヘリの中で救命救急医が考えていること

いつものように仕事をしていると、救急室の電話が鳴りました。「与那国診療所のドクターからです」 「急

記事を読む

01_トップ

獣医学生から見た「医療」とは

はじめまして!麻布大学獣医学科3年の班目美紀(まだらー)です!今は、養豚から世界を明るくしていきたい

記事を読む

HARUYUME

意識障害のある患者さんの気持ちを知る方法【私達を支える看護学④】

看護学研究の世界へようこそ! 私達を支える看護学シリーズ第4弾です!前回は「便秘解消のための温罨法

記事を読む

02IMG_3629

医療を変える「デザインの力」

「アート×医療」とか「建築×医療」とかそういうキーワードが流行り始めてきている中、どうしても実感が沸

記事を読む

新病棟廊下

プロフェッショナルな医療人:「おそうじのおばちゃん」Tさん

ファンの多いそうじのおばちゃん 「あら〜、のりちゃん、まだこの部屋にいたとね〜」   ピンクの

記事を読む

b6b78a05c99d022889469875d4398d61_s

おまじない歯磨きから卒業しよう ほとんどの人が60%も磨けてない

みなさん、こんにちは。昭和大学歯学部4年の金箱志桜都です。 なぜ歯医者さんは口すっぱく「しっか

記事を読む

01_947375_31536446

「痛み」をナラティブに考えるための3冊

 入院中にAmazonでポチりまくってる谷岡です。暇に飽かせて、読書だけは励んでいますw いろんな

記事を読む

MAY

認知症改善への道すじ【私達を支える看護学番外編】

看護学研究の世界へようこそ! 全5回にわたる私達を支える看護学シリーズ。反響戴きました皆様に感謝の

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑