*

ピルについて調べてわかった4つのこと

公開日: : 最終更新日:2014/04/14

初めまして。このたびライターとなりましたKirikouです。

ピル飲んでみる?と言われて

早速すぎて申し訳ないくらい早速ですが、私は自分の身体のことで気になることがたくさんあります。そしてそのうちの1つが月経不順です。2週間間隔のときもあれば、2ヶ月来ないときもあって、予定日なんていう発想もないくらい不順なんです。

どうやら母親からの遺伝でもあるみたいですが、それでもよく、子宮の病気かな?ホルモンバランスがかなり崩れてるのかな・・?と不安になり、ある日、たまらず産婦人科のクリニックへ相談に行きました。

すると。その日担当して下さったお医者さんが一言。

「ピル飲んでみる?」と。

無知な私は、ん?ピル?避妊?と内心びっくりです。

結局、その日は「やっぱりまだいっか」というお医者さんの判断で、ピルはもらわずに帰ってきました。

でも、好奇心旺盛な私は帰るや否や、「ピルってなんじゃ〜」とむさぼるようにピルについて調べ始めました。

 

調べてわかった4つのこと

かなり個人的な視点からですが4つにまとめました。

避妊以外にも多くの副効用(利点)が認められている

まず、月経困難症や子宮内膜症、貧血、骨粗鬆症、子宮体癌、卵巣癌など多くの疾患の発症率の低下が正式に認められています。また、ピルの種類によってはニキビや多毛症にも効果があると言われています。

そして、ピルを服用すると月経周期が整うため、月経不順の治療にも使われます。最近では、避妊を目的とした処方に加え、これらの副効用や、月経周期の安定を目的として処方されることも多いということが、様々な研究で明らかになっています。

 ほぼ確実な避妊効果

ピルを理想的な方法で服用した場合は3人と言われています。ちなみに、コンドームを理想的な方法で使用しても、1年間で1000人のうち約20人は妊娠するそうです。そもそもコンドームが主な避妊法になっている国は世界的に見てもかなり珍しいとか。

副作用には個人差あり

ピルという言葉を聞いて「太るんじゃないか」とか「はじめは吐き気がするんじゃないか」と副作用に関する不安を抱く方が多いと思いますが、現在の低用量ピルは昔のピルと違ってホルモン量がおさえられているため、比較的軽度であると言われています。

 日本はピルの普及率が著しく低い!

現在の日本におけるピル普及率はたったの2~3%にすぎないのが現状です。一方、ピル先進国のドイツやフランスでは約50%もの女性が、アメリカでは約18%の女性が服用しており、世界的に見ても日本での普及は最低レベルと言われています。

本当にざっと説明するとこんな感じ。

皆さんは、ピルについてどのくらい知っていましたか?(そんなの当たり前に知っているよ、という方はごめんなさい。)

 

ピルの普及率が低い原因 

普及率が低い原因として、

①金銭面的に負担が大きいこと(1シート平均3000円)
②副作用や、生理現象を薬でコントロールすることへの不安 
③産婦人科に行くことへの抵抗感 
④服用を忘れてしまわないか不安 

など様々なことが考えられているようですが、私はそれよりも、そもそも「ピルに関する正しい知識」を得る場や機会が日本には全然ないのでは・・?と考えてます。

たとえば、私の場合は中学校や高校の保健体育の授業で、コンドームの正しい付け方を教わった覚えはありますが、ピルに関して教わった覚えはありません。

中学校や高校で行われる性教育の授業って、結構重要だと思うんです。そこで与えられる知識=その後の自分にとっての当たり前 になると思うから。

学校の性教育で「コンドームを正しく使用してきちんと避妊しましょう」と言われたら、あぁ、避妊にはコンドームか。って考えになるわけで、その時点で特に興味を持って避妊に関して調べてみたりしない限り、ピルは選択肢から外れちゃう(というか選択肢に入ってこない)と思うんですよね。

そして、今回の私のように、20歳(当時)にしてピルの存在意義を知ることになるわけです。

 

 選択肢の1つとして考えれるように

私は月経不順を通してピルを知ることになりましたが、望まぬ妊娠が他国に比べて多いと言われている日本において、これからの時代ピルはもっと注目されるべきであると思うし、もっと身近なものになっていいと思うんですよね。月経に関するストレスが減り女性のQOL(生活の質)が向上するとも言われていますし。

私は、特に「ピルを服用する人が増えてほしい!!」などと考えているわけでもありませんが、こうした正しい知識が平等に与えられたうえで、きちんと選択肢の1つとして誰もが考えられるくらいになったらいいなと思うのです。ピルの普及というより、まず「知識」の普及ですね。

ピルを飲んだことのない私が書くのもおかしいかもしれませんが、産婦人科にかかって初めてピルを身近に感じて、思うことがあったのでここに書かせて頂きました。

若干堅苦しい記事になってしまったような気もしますが(笑)、これからも分野に拘らず気になったテーマについて書いていきたいと思います^^

 

関連記事

WS000080

医療者が発信する文化をどうやってつくるか?

※Derek Sivers 「社会運動はどうやって起こすか?」   編集長の藤巻です。

記事を読む

スクリーンショット 2014-09-23 17.54.25

患者の回復にも大きく影響する看護師の「朝のケア」とは?

朝起きてやることは、1日を始める上でとても重要なこと 朝起きてやらなくてはならないこと、そ

記事を読む

WS000112

データ活用による医療の透明化が医療の質の改善に繋がる

メディアが未来を変えるには?そんな話題で5月にMITメディアラボ×朝日新聞シンポジウムが行われた。そ

記事を読む

ママと子どもの除菌習慣プロジェクト<除菌戦士ジョキンジャー>___大幸薬品

手洗い・うがいは大切。除菌戦士ジョキンジャーも面白い!でも、空間除菌はちょっと待った!

大幸薬品が発売している「クレベリン」という空間除菌製品のPR特撮ムービー「除菌戦士ジョキンジャー」が

記事を読む

file000403840597

医師が明かす。インフル治癒証明書が「よくない」理由

救急医をしていて、おかしいなと思っていることがあります。 「インフルエンザ明けの診断書(治癒証明書

記事を読む

5b1594a33807a0f3e292d0615c657fca_s

看護師と患者さんとの認識のズレ―双方の立場で考えてみる―

はじめに 初めまして、看護学生の川上と申します。 「看護の視点から自分の考えを発信したい」と

記事を読む

コグニサイズ5

認知症予防の新らしい頭と身体の体操「コグニサイズ」

認知症予防の必要性 現在65歳以上の4人に1人が、認知症とその予備軍であるといわれています。さらに

記事を読む

PAK85_iroenpitunaname131310500-thumb-978x500-3685

食事介助の現場で期待される「色彩の持つ可能性」

色は人の味覚に影響を与えるのか?! あなたは、綺麗な色のテーブルクロスが敷かれた机の上にあ

記事を読む

起きるケア

寝たきりの人を「起こす」という新たな看護の方法【私達を支える看護学①】 

看護研究の世界へようこそ! 本日より、私達を支える看護学シリーズを全5回に分けて連載させて頂きます

記事を読む

cbbe1fbdd79871680e400269186dc14b_s

看護実習で心が折れる原因、「厳しい」と「優しい」の二分法

こんにちは、看護学生の川上です。 実習中に思ったことや、自分が入院して気づいたことを中心に、さりげ

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑