*

ピルについて調べてわかった4つのこと

公開日: : 最終更新日:2014/04/14

初めまして。このたびライターとなりましたKirikouです。

ピル飲んでみる?と言われて

早速すぎて申し訳ないくらい早速ですが、私は自分の身体のことで気になることがたくさんあります。そしてそのうちの1つが月経不順です。2週間間隔のときもあれば、2ヶ月来ないときもあって、予定日なんていう発想もないくらい不順なんです。

どうやら母親からの遺伝でもあるみたいですが、それでもよく、子宮の病気かな?ホルモンバランスがかなり崩れてるのかな・・?と不安になり、ある日、たまらず産婦人科のクリニックへ相談に行きました。

すると。その日担当して下さったお医者さんが一言。

「ピル飲んでみる?」と。

無知な私は、ん?ピル?避妊?と内心びっくりです。

結局、その日は「やっぱりまだいっか」というお医者さんの判断で、ピルはもらわずに帰ってきました。

でも、好奇心旺盛な私は帰るや否や、「ピルってなんじゃ〜」とむさぼるようにピルについて調べ始めました。

 

調べてわかった4つのこと

かなり個人的な視点からですが4つにまとめました。

避妊以外にも多くの副効用(利点)が認められている

まず、月経困難症や子宮内膜症、貧血、骨粗鬆症、子宮体癌、卵巣癌など多くの疾患の発症率の低下が正式に認められています。また、ピルの種類によってはニキビや多毛症にも効果があると言われています。

そして、ピルを服用すると月経周期が整うため、月経不順の治療にも使われます。最近では、避妊を目的とした処方に加え、これらの副効用や、月経周期の安定を目的として処方されることも多いということが、様々な研究で明らかになっています。

 ほぼ確実な避妊効果

ピルを理想的な方法で服用した場合は3人と言われています。ちなみに、コンドームを理想的な方法で使用しても、1年間で1000人のうち約20人は妊娠するそうです。そもそもコンドームが主な避妊法になっている国は世界的に見てもかなり珍しいとか。

副作用には個人差あり

ピルという言葉を聞いて「太るんじゃないか」とか「はじめは吐き気がするんじゃないか」と副作用に関する不安を抱く方が多いと思いますが、現在の低用量ピルは昔のピルと違ってホルモン量がおさえられているため、比較的軽度であると言われています。

 日本はピルの普及率が著しく低い!

現在の日本におけるピル普及率はたったの2~3%にすぎないのが現状です。一方、ピル先進国のドイツやフランスでは約50%もの女性が、アメリカでは約18%の女性が服用しており、世界的に見ても日本での普及は最低レベルと言われています。

本当にざっと説明するとこんな感じ。

皆さんは、ピルについてどのくらい知っていましたか?(そんなの当たり前に知っているよ、という方はごめんなさい。)

 

ピルの普及率が低い原因 

普及率が低い原因として、

①金銭面的に負担が大きいこと(1シート平均3000円)
②副作用や、生理現象を薬でコントロールすることへの不安 
③産婦人科に行くことへの抵抗感 
④服用を忘れてしまわないか不安 

など様々なことが考えられているようですが、私はそれよりも、そもそも「ピルに関する正しい知識」を得る場や機会が日本には全然ないのでは・・?と考えてます。

たとえば、私の場合は中学校や高校の保健体育の授業で、コンドームの正しい付け方を教わった覚えはありますが、ピルに関して教わった覚えはありません。

中学校や高校で行われる性教育の授業って、結構重要だと思うんです。そこで与えられる知識=その後の自分にとっての当たり前 になると思うから。

学校の性教育で「コンドームを正しく使用してきちんと避妊しましょう」と言われたら、あぁ、避妊にはコンドームか。って考えになるわけで、その時点で特に興味を持って避妊に関して調べてみたりしない限り、ピルは選択肢から外れちゃう(というか選択肢に入ってこない)と思うんですよね。

そして、今回の私のように、20歳(当時)にしてピルの存在意義を知ることになるわけです。

 

 選択肢の1つとして考えれるように

私は月経不順を通してピルを知ることになりましたが、望まぬ妊娠が他国に比べて多いと言われている日本において、これからの時代ピルはもっと注目されるべきであると思うし、もっと身近なものになっていいと思うんですよね。月経に関するストレスが減り女性のQOL(生活の質)が向上するとも言われていますし。

私は、特に「ピルを服用する人が増えてほしい!!」などと考えているわけでもありませんが、こうした正しい知識が平等に与えられたうえで、きちんと選択肢の1つとして誰もが考えられるくらいになったらいいなと思うのです。ピルの普及というより、まず「知識」の普及ですね。

ピルを飲んだことのない私が書くのもおかしいかもしれませんが、産婦人科にかかって初めてピルを身近に感じて、思うことがあったのでここに書かせて頂きました。

若干堅苦しい記事になってしまったような気もしますが(笑)、これからも分野に拘らず気になったテーマについて書いていきたいと思います^^

 

関連記事

新病棟廊下

プロフェッショナルな医療人:「おそうじのおばちゃん」Tさん

ファンの多いそうじのおばちゃん 「あら〜、のりちゃん、まだこの部屋にいたとね〜」   ピンクの

記事を読む

130807-iWatch-yanko2

Google glass、iWatchが医療を変える

ITの分野での進歩はドンドン進んでいます。その中で今回はウェアラブルデバイスについて投稿させて頂きま

記事を読む

座る

なぜ人は座って食事をとるのか?

姿勢を整えることで、喉に食べ物が詰まることを防ぐことができる 「楽に、安全に、食事が食べら

記事を読む

02IMG_3629

医療を変える「デザインの力」

「アート×医療」とか「建築×医療」とかそういうキーワードが流行り始めてきている中、どうしても実感が沸

記事を読む

スクリーンショット 2014-03-07 6.51.47

医療・福祉・介護の壁を乗り越えていく <かさまねっと活動報告>

茨城県笠間市で、医療・福祉・介護に関する対話の場作りを行う「かさまねっと」。 今回のシンポジウムで

記事を読む

kabira

公開!離島救急医の日常

となりの芝は、青い。他人の生活は、気になる。   「銀行員やってる友達とか、毎日どんな

記事を読む

neko

床(とこ)ずれと予防

「床ずれ」とは? 私達は普通、無意識のうちに眠っている間は寝返りをうったり、長時間椅子に座

記事を読む

rumoi24b

人生の終着点としての病院ー研修医の提言③

『実の姉とは絶縁しています。必要ならば弁護士を通じて連絡をとってください。』 病院というものは社会

記事を読む

e051a8ff406f33ccd3a8adece3d8aa06_s

病気になったら、日記をつけよう

看護学生になったばかりの頃、「闘病記を読みなさい」と教わりました。図書館の闘病記コーナーに行き、本を

記事を読む

20120722183100414

リハビリテーションと異分野融合の可能性

はじめまして。 愛知でリハビリテーションを専攻している中川 征士と申します。 これから月に数回程

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑