*

風俗の是非はどうでもいい

公開日: : 最終更新日:2014/04/04

 きむらえりですこんにちは。わさびが食べられません。同伴お寿司はダメ、ゼッタイ。

以前性風俗に関して、クローズアップ現代の内容と私が書いた記事(http://mlabo.net/wp/2014/01/1727/)がリンクしたり、風俗嬢の書いた記事がBLOGOSで話題になったりと、風俗がちょっとしたブームになったのですが最近いまいち下火になってきてしまったので

性風俗の問題をどう扱っていくべきか、もう少し進んだことを。

 

風俗で働くことは悪なのか?

legs

BLOGOSの性風俗関係の記事やコメント、Twitterの反応などを見る中で多く目につくのは、「風俗で働くのは良いことか悪いことか」ということ。

正直、風俗で働くことの是非なんて、いちいち議論しても意味無いと思う。

性風俗産業ってものすごく古くからある産業。風俗を無くそうっていう方向に法改正が進むにつれてどんどん派遣型のお店が増えて、働く女性の安全が保障されにくくなっているのが現状です。

性に関する感覚は個人の経験やプライベートな感情がどうしても入り込みますから、「性」を売り物にすることの是非についての議論が何か意味のある結論を出すことは不可能と考えられます。

 

貧困×風俗のテンプレート

no_money

私が前回記事を出したタイミングで偶然にもクローズアップ現代が風俗で働く貧困女性の特集をやっておりまして(http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3458_all.html

貧困女性の最悪の象徴が性風俗になっているなあって感じます。

クロ現で放送されていたことはあくまで貧困の問題であって、性風俗のそのもの問題には何一つ触れていません。それを見ながら、「フーゾクはどーのこーの」なんて語るのは見当違いも甚だしいというか何というか(私が書いていた内容にもリンクしてしまう部分があったのはちょっと反省)。

 

風俗嬢を画一化しないで

マカロン

風俗嬢になったきっかけや働いている理由を「貧困」にまとめようとする人や「楽に稼げるからだろ」としか思わない人。

多くの人は性風俗に関する多様性を認めようとしません。(多様性を認めないのは性風俗に限った話じゃないか…。)

性風俗ではありませんが夜の仕事というカテゴリで言えば私自身、水商売の話をした時に

家族構成、虐待経験、レイプ経験、初交年齢、経験人数などなど根掘り葉掘り聞かれた挙句、

「いやあ、そういう仕事する人って絶対何かしら過去に問題があると思うんですよね!」

って言われて絶句。悪気はなかったんでしょうけど超不快でした。

風俗を始める理由、続けている理由、その他性風俗に関して客観的に見て「問題だ!」と感じることは色々あるのかもしれませんが、30万人の風俗嬢がみんな同じ人間なわけがないので、ご理解いただきたいなと思います。

 

本当に必要なこととは?

eyes

「性風俗」について本当に考えたいのであれば、自分が考えようとしているのが「社会の中の一部としての性風俗」なのか、「風俗嬢という女性の困っていること」なのかを見つめることが重要ではないかと感じます。

社会構造としての性風俗の話であれば、「風俗」について考えるのではなく、クロ現の通り貧困問題やシングルマザーなどについて考えるべき。

風俗嬢という女性が困っていることに着目したいのであれば、性感染症の予防や働く環境の安全、お金のリテラシー、性風俗を上がった後にできる仕事のことなど。SWASH(http://swashweb.sakura.ne.jp/)という団体の取り組みが素敵です。

「性風俗の問題」って「医療の問題」って言うのと同じくらいざっくりしているのです。人手不足の問題や医療費の問題や看護学生の実習の問題や…いろいろありますよね?それと同じ。

性風俗について語ることは自由だし、語ってくれる人が増えるのは嬉しいことですが、風俗の「何」を考えているのかをはっきりさせることで、今よりもっと素敵な議論ができるんじゃないかなと感じます。

 

医療関係者に向けて

薬と聴診器

「風俗嬢の実態、教えます」で医療関係者には散々叩かれたのですが、やっぱり医療者・医療系学生の視野はものすごく狭いです。

風俗嬢の産婦人科へのハードルを上げるような記事を平気でブログに書く産婦人科医には本当にびっくりしたし(http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-14bb.html)、

風俗で働いているシングルマザーの友人から「病院に行くのは気まずくて嫌だ」と言われた時には心から申し訳ない気持ちになりました。

医療者だって当然人を傷つけたいわけではない筈なのに、医療者の言葉で傷つく人は沢山います。

医療者という、いつどんな人と関わるか分からない上相手の人生に深く立ち入る可能性がある仕事をする立場として、自分の価値観は一旦置いておいて、目の前の相手をとりあえず受け容れるというスキルは必須と思います。

自分と一見関係の無い世界に少しでも興味を持つことが、そんなスキルを身に着けるためのひとつの方法なのではないでしょうか?

 

関連記事

WS000088

記憶を思い込む事の怖さ-TED「記憶のフィクション性」エリザベス・ロフタス

どうも、厄年を迎えて3ヶ月の中途絶える事なく次と次と不運が訪れる森です。今度厄払いに行きます。 &

記事を読む

circle_shelf

元読書嫌いの医学生が本に目覚めた3つの理由

 『本は真面目ちゃんしかよまねぇーよ』と読書をバカにして  大学二年生まで記憶に乗っている読んだ本

記事を読む

男女共同参画

本当の男女平等ってなんだろう?その2

『本当の男女平等ってなんだろう?』 http://mlabo.net/wp/2014/01/126

記事を読む

self-driving-car-07

Googleの無人自動車の奇跡と私達が考えるべき3つの事

皆様、今Googleが開発している『自動運転車』という車を御存知でしょうか? 運転手が運転しなくて

記事を読む

cimg4849

勉強さえできれば人生勝ち組?

小学生のころ、学年 No.1 の人気者だったあの人のこと、覚えてますか? それ、「走るのが一番速か

記事を読む

100322feature3-2-1

“医療”を定義してみようか、そしてその先を見つめよう

 前回記事では、「医療の再定義」が必要な理由について論じてみた。     これらのこと

記事を読む

medium_62168719141

点と点をつなぐのか、ビジョンを掲げてマイルストーンを置くのか?

10年後のビジョンはなんですか? インターンの選考書類、就職の話をする時、必ず聞かれる言葉でした。

記事を読む

48102_447279935356896_1526088402_n

震災から3年。医療学生の私たちにできることは学び活かすこと

2011年3月11日 2時46分18秒 東日本大震災発生日本を未曾有の大震災が襲った。 「風化

記事を読む

hakunetsu1101

リーダーシップ白熱教室が放送中(ハーバード大学ロナルド・ハイフェッツ教授)

  白熱教室シリーズにとうとうリーダーシップ論が! 「正義の話をしよう」で有名なマ

記事を読む

boston

「一流の人に共通する目標設定術」   -バウンダリレスドクターを目指して-

明けましておめでとうございます、ハーバード大学におります猪俣武範です。(写真はボストンの夜景

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑