*

『Take』捉え方を変えて、本当の『Give and Take』の形を考える

公開日: : 最終更新日:2014/04/29

今日の記事のテーマは

本当の『Give and Take』の形はどうあるべきか?

 

人の付き合い方としてよく挙げられるのが『Give and takeを意識する事』。

give-take1

してもらった事は相手に返すべきであり、その事で循環が生まれる。

 

しかし『Give and Take』という考えによって人間関係が崩れることも多い。

例えばこんなに色々してあげてくれるのに全く返ってこないといった類いの不満から生まれる関係の悪化などがこれに当る。また、相手にしてもらい過ぎて、それを返すのが疲れてしますというパターンもある。

『Give and Take』のバランスが崩れると人間関係が崩れてしまいがちである。

では『Give and Take』のバランスが崩れないためにどうすれば良いのだろうか? 

 

 

簡単に考えると自分の『Give』を減らすか、相手の『Take』を増やすかになる。

普通の人間は自然にそれを行動に起こす。

自分に利益がなければ、その人に何かをしてあげようとは思わなくなるし、何かをしてあげれば何かを求める。私もいつもそうなる。

 

この考え方において

『Give=自分がしてあげる事』『Take=相手にしてもらう事』であり、

『Give』の主語は『自分』であり、『Take』の主語は『相手』である。

 

 

結局人は自分が一番大好きであり、自分の事に一番関心がある。

だから、「私は誰かのために何かをしてあげる事が好きなんです」っていう人を見ると違和感を覚えた。

「綺麗事言ってるな」と思っていた。同時に疑問にも思った。

果たしてこの人は楽しいのだろうか?自分が『Give』ばっかしてて、何も返ってこない事をしてて楽しいのだろうか?

 

そして事実として、

「私は誰かのために何かをしてあげる事が好きなんです」っていう人に限って、楽しそうに生きている。

 

最近私は本を読んで凄いなと思ったり、HPで活動をして面白いなと思ったらその人に会いにいく。凄いと言われている人と話させてもらい、凄みを感じている。

凄みを感じた人に共通するのは、無償で若い人との話をする活動をしていたり、周りの事を気遣ったりしている。そしてその人は凄く楽しそうに話をするし、話を聞いてくれる。

凄く疑問に思ったのでその中の一人に聞いてみた。

 file000729042698

『人の為に働くという風におっしゃっていますが、そのモチベーションはどっから沸いてくるんですか?自分の身を削ってここまでやってらっしゃる。なんでなんですか?僕にはとうてい理解できない。』

 

すると意外な答えが返ってきた。

 『楽しいから。』

 『他人の幸せがあなた幸せなんですか?』

 『別に違うよ、僕は自分が一番好きだ。だから、他人を幸せにしてる自分が好きなんだよね、性格悪いでしょ。』

 

私は思った。

『Give and Take』の考え方の根本が違う。『Give』はともかく『Take』の捉え方が違う。

 

『Take=相手にしてもらう事』ではなく『Take=自分が喜ぶ事』であり、

『Take』の主語は『相手』ではなく『自分』である。

  a0001_014344

こういう類いの人は勝手に『Take』を生み出す事が出来る。

 だから『Give and Take』のバランスは崩れて人は何かに対してを不満に思ったり、幸せを失う事が少ない。

 基本的に見返りを求める事を必要とせず満足したり幸せになる事が出来るのである。

 

『Take』捉え方を変える。

『Take』の主語を『相手』から『自分』に変えてしまう。

この考え方は凄い。 

 

医療系学生こそTakeの捉え方を変えてみよう!

医療系の大学に入ると頭ごなしに、『医者は人のために身を捧げなくてはならない』とか『人格者ではなくてはならない』と言われるが、結局人は誰もが自分の事が一番大好きであり、一番興味がある。

 

そして私は典型的なタイプで、だからこそそういう類いの話を聞くとなかなか受け入れられなかった。

 

しかし、今思うのは

『Take』の捉え方を変えて、最終的に自分の『Give』によって、相手の『Take』ではなく自分の『Take』を生みだす事でいいと思う。

 

 『Take』の捉え方は人それぞれだ。

「何かをしてあげてる自分が好き」でもいいし、「ボロボロの状況を自分が変えてやるという使命感」でもいいと思う。

 

自分にとってどんな『Take』が幸せなのかを知る事がとても大切だ。

 

 

『Give and Take』の落とし穴。

 

それは

『Give=自分がしてあげる事』『Take=相手にしてもらう事』であり、

『Give』の主語は『自分』であり、『Take』の主語は『相手』と思われている事だ。

 

『Take』捉え方を変える。この考え方を持つ事によって、人生が豊かになっていくと思うのである。

関連記事

alone-in-town_00443075-1024x576

とてもシンプルだった。1人でいたい時がある理由。

  なんで1人でいたい時があるんだろう?ただの生物なのに。   生物学

記事を読む

blue-eyes-237438_640

風俗嬢より:ちょっと言わせて

はじめに 木村映里さんの記事「風俗嬢の実態、教えます。」 を読みました。まだの人は是非そちら

記事を読む

fw088_l

ブログで自分を発信すると絶対得する3つの理由 〜後半〜 

さて後半です。  前半では書く事で開かれる人生について触れました。 「ブログで自分を発信

記事を読む

home_healthcare

在宅医療現場を1ヶ月回っていて考えたこと。

病院とは違って、在宅医療だから家で過ごす高齢者を多く診させてもらった。   多くの

記事を読む

WS000041

世の中の就活は変わってきているらしい。

逆求人、動画で自己PR、サイトを立ち上げ自分就活?どうやら、世間の就活は少しずつ変わってきているらし

記事を読む

11

「誰のことを好きか」が健康を左右する

私、魚河岸のお兄さん達とビジネスパーソンが行き交う街、築地にちょこんと建っている看護大学に通っており

記事を読む

Business-People-Team-With-World-Map_thumb

本当の良い医療チームとは、多様・受容・調和が共存するチームである

 自分に専門性を持ち、それに加えて人的ネットワークを持つ。   昨年の夏に人生を迷って

記事を読む

WS000088

記憶を思い込む事の怖さ-TED「記憶のフィクション性」エリザベス・ロフタス

どうも、厄年を迎えて3ヶ月の中途絶える事なく次と次と不運が訪れる森です。今度厄払いに行きます。 &

記事を読む

DL012_L_a

渋谷健司先生へのインタビューから考える「リーダーシップとは何か」

先日、医学書院の方に、ハーバード大やWHOなどさまざまなフィールドでご活躍されてきた渋谷健司先生(東

記事を読む

lip

風俗嬢の実態、教えます。

きむらえりですこんにちは。 前回の記事(正しいコンドームの付け方-安全にスムーズに着ける方法-

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑