*

震災から3年。医療学生の私たちにできることは学び活かすこと

公開日: : 最終更新日:2014/04/29

2011年3月11日 2時46分18秒 東日本大震災発生
日本を未曾有の大震災が襲った。

「風化」

 先日、有楽町駅周辺で、震災復興のための募金活動を大学生20人ほどと行いました。
募金活動を行う中で、「今、被災地はどうなの?復興すすんでいるの?」と、声をかけてくださる方もいらっしゃいましたが、すごく少数。
大抵の方は、見て見ぬふり。
これが【風化】なんだな、と改めて感じました。
 

「復興」に答えなんてない

 
私が初めて、被災地を訪れたのは震災から1年半以上経った2012年の冬。
学生30人・社会人15人の合計45人で行くボランティア合宿でした。
 
自分が想像していた『被災地=瓦礫の山』というイメージとは異なり、『原っぱ』のような印象を受けました。
「この土地、もともと原っぱだったんじゃないかな?」と、震災前を知らない私は思ってしまうほどでした。
 
被災者の方々のお話を聞くに連れて、なんとなく「大津波が襲ったんだ・・・」と思えるようになりましたが、自分の実体験ではないのでどうしても腑に落ちない。
 
それから自分なりの答えを出そうと、被災地にも何度か足を運び、震災系のワークショップにも参加しました。
自分なりの答えは、被災者の方との対話、共に被災地を訪れた仲間との対話で生まれてきました。
しかしそれが「正解」なのかと聞かれたら、私は「違う」と答えます。
置かれている状況のちょっとした違いで、被災者の方の求めているものも全然違ったものになります。 

262732_394385050646385_1991969145_n

今、被災地で求められていることは「忘れないこと」

 
被災地の現在の状況は、大方の瓦礫は片付き、スーパーやコンビになども出来ている。
しかし、未だに避難をしている方の数は27万人。
狭く、寒い、仮設住宅などでの生活を余儀なくされています。
 
長く、終わりの見えない、生活を強いられている方々の中には、精神疾患などに罹る方が多くいます。
そのような方々を救おうと北海道から被災地・陸前高田で医師をされている方もいます。
 
それでは実際、私たち(被災地ではないところに住み、復興支援以外にも自分のやりたいこと・やるべきことがある人)には何ができるのか?
 
それは、「震災を忘れないこと」です。
まだ、被災地を訪れたことのない人は、一度でいいので訪れてみてください。
被災地を訪れたことのある人は、もう一度、被災地を訪れてみてください。
 
東北では、心の温かい人たち、美味しい食べ物、美しい風景が待っています。

 

 

医療従事者としての防災

震災から3年が経ち「風化」が進んでしまうのは、致し方ない部分もあるかもしれません。
しかし、一番大切なことは、震災から学んだことを、次は自分たちへ活かすことです。
 
30年以内に高い確率で起こると言われている「南海トラフ地震」「首都直下型地震」
東日本大震災から3年が経ち、自分自身を含めた多くの人が震災直後に行っていたであろう防災を忘れてしまっているのではないでしょうか?
南海トラフ地震では東日本大震災の16倍の32万人の死者数が予想され、首都直下型地震では首都圏の人口3500万人のうち700万人が避難者になると予想されています。
自分がその中に入らないなんて保証はどこにもありません。

私たち医療従事者は「被災者」になってしまってはいけません。

震災が起きたときだからこそ、「命を救う」ということに徹していかなくてはなりません。
だからこそ、まずは自分の命を守るための防災。
さらに、犠牲者を増やさないための備え、震災後の被災者のケア。
やるべきことはたくさんあります。

震災から3年経った今、防災について考えてみませんか?

48102_447279935356896_1526088402_n
14490_394388600646030_680848180_n

関連記事

lip

風俗嬢の実態、教えます。

きむらえりですこんにちは。 前回の記事(正しいコンドームの付け方-安全にスムーズに着ける方法-

記事を読む

img_1004824_27453363_0

紙芝居『まあおばあさん』から考える

Going my wayを行く私は、他のブロガーの人が旅やオススメの本の話を書く中、    

記事を読む

猫_yukiyamada

自信がないって素晴らしい!自信がない人に伝えたい2つのこと

 こんにちは、きむらえりです。 前回の風俗嬢の記事(http://mlabo.net/wp/201

記事を読む

addiction-71575_1280

薬学生が知っておくべき医薬品業界の「現状」とは?

そろそろ2016年卒の学生さんの就職活動のシーズンを迎えますが、これから就職活動を始められる薬学生の

記事を読む

boston

「一流の人に共通する目標設定術」   -バウンダリレスドクターを目指して-

明けましておめでとうございます、ハーバード大学におります猪俣武範です。(写真はボストンの夜景

記事を読む

MOOC2

医学教育にオンライン講座の導入を②

医学教育へのオンライン講座導入について、前回のエントリーとは別の視点(東北に医学部を新設するかどうか

記事を読む

medium_62168719141

点と点をつなぐのか、ビジョンを掲げてマイルストーンを置くのか?

10年後のビジョンはなんですか? インターンの選考書類、就職の話をする時、必ず聞かれる言葉でした。

記事を読む

give-take1

『Take』捉え方を変えて、本当の『Give and Take』の形を考える

今日の記事のテーマは 本当の『Give and Take』の形はどうあるべきか?  

記事を読む

large

研修医一年目 理想と現実の狭間で

僕は社会を良くしたい。 いつからか、それが当然だと思っていた。世の中を良くするために活動する。

記事を読む

11

「誰のことを好きか」が健康を左右する

私、魚河岸のお兄さん達とビジネスパーソンが行き交う街、築地にちょこんと建っている看護大学に通っており

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑