*

医師はグローバルリーダーになり得るのか?

公開日: :

医師はグローバルリーダーになり得るのでしょうか?

私はなり得ると思います。しかし、日本にいるだけでは難しいと考えています。

 

グローバリゼーション、TPP参加と日本の国際社会における立場は刻々と変化しています。

これは聖域といわれてきた医療にも当然のごとく押し寄せてきます。

けれどもこのような状況なのに、私の働いている職場では海外志向の医師が減少しているように感じざるを得ませんでした。

その理由として、海外に留学することで給与が下がったり、そもそも英語が話せない(日本での医療に英語はほとんど不必要)かったり、留学に興味がないなどが考えられます

しかし、日本人の海外留学者数は本当に減少しているのでしょうか??

以下の図表は平成25年2月文部科学省集計より抜粋です。

 

まず、日本から海外への留学者数の推移です。

図にありますように、9年前の2004年の82,945人を最高に、右肩下がりで減少の一途をたどっているように見えます。

 

2010年は58,060人とここ十数年で最低の人数を記録してしまいました。

さて、ここで若年人口の割合を考えてみますと。留学に行く年齢は、15歳から34歳程度と仮定すると、

 

平成22年(2010年)の15-34歳の人口は28,124人(人口1000対)、

平成12年(2002年)は34,476人(人口1000対)になります。

このように留学に適当な年齢の人口が減少していますから、一概には留学者数が減ったとはいえなさそうです。

そこで、単純に人口の何パーセントが海外留学していたか計算してみました

平成22年の海外留学者数(58,060)/15-34歳の人口(28124000)×100=0.206%

平成12年の海外留学者数(79,455)/15-34歳の人口(34476000)×100=0.230%

となります。

確かに留学者数は減少傾向にあるようです。

 

さらに下の図より留学先はアメリカが全体の大部分をしめ、減少傾向にあることが分かります。

 

これはもしかすると、現在の日本はアメリカと同等もしくはそれ以上の勉強や研究ができる環境が整っているからかもしれません。

さらに現代ではIT化が進み、日本にいながらにして海外の情報も得ることも用意になりました。

このように、わざわざアメリカに行く理由は昔に比べ少なくなってきているのは確かです。

 

しかし、日本人以外の様々な人種と交流をもち、日本を俯瞰してみることのできる環境で自己を研磨することが留学の醍醐味です。

 

また、いつもすばらしいアイデアが浮かんだり、一生の仲間を得る時は得てして直接会って話しているときです。

 

日本は2020年のオリンピックの招致に成功し、より世界からも注目される国になろうとしています。

TPPを含め、日本のグローバリゼーション化は今まで以上に進んでいく可能性があります。

私はこれは世界一の日本の医療を世界に広めるチャンスでもあると捉えています。

 

グローバルリーダーになるためには、日本人以外の人とのコミュニケーション能力が必要です。

これを身に付けるには、現地で文化や社会を体験して、実際にコミュニケートする必要があります。

 

では、どうすれば留学者数が増えるかということですが、

やはり解決策として、

  • 助成金を増やし留学前後の心配を少なくする。
  • 海外にでなければ行けないという意識を共有する。

ことが大切であると思います。

 

私たち海外留学者は情報を発信し、共有することで、日本人の海外留学へのマインドを更新していく必要がある様に思います。

 

そこで、2014年2月より、Japan-Global Medical Support(JPMS)という海外留学の支援団体を立ち上げました。

2ヶ月に1回ゲストを迎えて講演会ならびに留学勉強会を開催していますので、ぜひご参加ください。

 

今後はウェブサイトの充実をはかり、具体的な留学への方法や、ロールモデルの掲載、助成金情報など留学に関する総合的なプラットフォームを作成して行きたいと思います。

 

Facebookならびに私のブログ上で情報を発信していますので、是非ご確認下さい。

関連記事

8612023342_02c0189ca4_b

大きな力に参加する ―無関心でない医療

※この記事は、インタビュー記事 自分の意見を持つことの大切さを子供たちに伝えたいー模擬選挙推進ネット

記事を読む

neko

床(とこ)ずれと予防

「床ずれ」とは? 私達は普通、無意識のうちに眠っている間は寝返りをうったり、長時間椅子に座

記事を読む

y56-0

離島の医者にプライベートはあるのか

離島の医者と言うと…「町中で患者さんから声をかけられる」「患者が自宅に押しかけて来る」そんな感じでし

記事を読む

a0001_015440

安易に熱を冷ますべからず

発熱時「とりあえず冷やす」はやめましょう 秋涼の候となりました。気温が下がり、風邪を引いて

記事を読む

rumoi24b

人生の終着点としての病院ー研修医の提言③

『実の姉とは絶縁しています。必要ならば弁護士を通じて連絡をとってください。』 病院というものは社会

記事を読む

mountain-climb

山を下る時代がやってきた!

先日、ある市長の話を聞く機会があった。   その市長は、   山を下る時代がやってきた!

記事を読む

e051a8ff406f33ccd3a8adece3d8aa06_s

病気になったら、日記をつけよう

看護学生になったばかりの頃、「闘病記を読みなさい」と教わりました。図書館の闘病記コーナーに行き、本を

記事を読む

座る

なぜ人は座って食事をとるのか?

姿勢を整えることで、喉に食べ物が詰まることを防ぐことができる 「楽に、安全に、食事が食べら

記事を読む

5b1594a33807a0f3e292d0615c657fca_s

看護師と患者さんとの認識のズレ―双方の立場で考えてみる―

はじめに 初めまして、看護学生の川上と申します。 「看護の視点から自分の考えを発信したい」と

記事を読む

愛ちゃん1

デザインの力で障害の理解をー当事者の視点から。

【M-Labo Social インタビュー企画】 皆様、お久しぶりです。梅雨が明けそうな予感で

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑