*

山を下る時代がやってきた!

公開日: : 最終更新日:2014/03/29

先日、ある市長の話を聞く機会があった。
 

その市長は、

 
山を下る時代がやってきた!
 
 

と言っていた。

 

簡単に言うと、1つの目標目掛けてかけ上がっていく時代 が終わったと言うことだ。

 

これは、医療介護福祉の業界でも言えることではないだろうか。

医療の変遷

戦後から、現代まで医療は変遷を遂げてきた。

 

結核などの急性疾患から、生活習慣病と言われる慢性疾患へ。

 

これはまさに山を登るから下るへと変わったように思う。

 

山を登るときは頂上目掛けて行くわけだから、目標地点が見えている。

 

これを急性疾患に対する医療におき当てはめると、命を救うと言うことになる。

 
 

一方、山を下るのは実に多様性に富んでいる。

 

下りは360度の方向へ下る方法があるからだ。

 

これを慢性疾患に対する医療におき当てはめると、慢性疾患と付き合いより良く生きていくと言うこと。 つまり、生活であり、それはまた100人100様である。

 

これが医療における山を下る時代と表現できるように思う。

 

人の生活をみるときに、どこからみるべきなのか、病態はどうなのか、生活状況はどうなのか…

 

実に多様な視点、360度見渡せる力が必要である訳だ。

 

この間の記事でも書いたよう、だからこそ多様な人の知恵が必要で、連携をとりながらより良い下り方を考えるという方法論が有効であることがわかる。

真似事の福祉から、前例なき時代へ

日本は未曾有の高齢社会を迎える。
誰もが知っているよう、日本は最も高齢化の進んだ国だ。

 

それらの対処法として、これまではドイツの介護保険制度など、既存の前例をみてシステム構築をしてきた。

 

しかし、それらの方法論は状況が違えば効果を発揮しないことは誰でもわかる。

 

ここから先は、何かの前例(目標)に目掛けてシステム構築するのではなく、日本における状況を加味しなければならない。

 

これは手探りで、どの道ならば安全なのかを確認しながら、山を下っていく、のと同じように思う。

 

日本においてどのような方法論で、この状況を突破していくべきか、常々考えている。

 
 
 
 
 
 

一昔前を振り返ってみたい。

 

一昔前まで介護予防なんて物はなかった。

 

生活にそれなりの負荷が課されていたから、そんなものを必要とする人はなかった。

 

例えば、農業や地域の祭り、日本式の生活だ。

 

日本人は世界でもっとも長寿な人類である。

 

諸外国の健康情報なんかに頼るよりも、まずはその長寿の人たちが過ごしてきた過程をみてもらいたいと思う。

 

彼らがどのように過ごしてきて、その生活にはどんなエッセンスが組み込まれていたのか。

 

先人達は、経験則で実に素晴らしい方法論を文化に落とし込んだのだ。

 
 
 

新たなものを取り入れることが良いことばかりではない。

 

資源は足元にたくさん転がっている訳だ。

 

それらを加味し、着々と山を下っていくことがこの先の日本を明るくしていくことだと信じている。

 

360度見渡して、あなたならどんな山の下り方が良いと思いますか?

 

関連記事

memory

医療者が知っておきたい、経営学者から学べる3つの視点

今日は、半年前高校の同級生(文系)に「ここ最近読んだ中で一番面白かった本は?」と聞いて読んでみたら、

記事を読む

IMG_3141

医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃないのか?  

記事を読む

img_practice02

薬局実習をアップデートするために僕らができること

注:薬学部生として、薬学生・薬剤師向けに書いてあります。 ちなみに、実務実習とは6年制薬学部になっ

記事を読む

file000403840597

医師が明かす。インフル治癒証明書が「よくない」理由

救急医をしていて、おかしいなと思っていることがあります。 「インフルエンザ明けの診断書(治癒証明書

記事を読む

MAY

認知症改善への道すじ【私達を支える看護学番外編】

看護学研究の世界へようこそ! 全5回にわたる私達を支える看護学シリーズ。反響戴きました皆様に感謝の

記事を読む

ママと子どもの除菌習慣プロジェクト<除菌戦士ジョキンジャー>___大幸薬品

手洗い・うがいは大切。除菌戦士ジョキンジャーも面白い!でも、空間除菌はちょっと待った!

大幸薬品が発売している「クレベリン」という空間除菌製品のPR特撮ムービー「除菌戦士ジョキンジャー」が

記事を読む

41amnjbQ59L._SL500_AA300_

医療者に死生観を丸投げする患者やその家族─研修医の提言②

前回記事『死生観を医療者が学ぶ危うさ』で医療者が死生観を育む危険性を説いた。 医療において死生

記事を読む

BJscalpel

名作『ブラック・ジャック』から医療者が学ぶべき大切なこと

皆さんは、漫画界の巨匠、手塚治虫先生の作品『BLACK JACK』(ブラック・ジャック)を読まれたこ

記事を読む

kabira

公開!離島救急医の日常

となりの芝は、青い。他人の生活は、気になる。   「銀行員やってる友達とか、毎日どんな

記事を読む

WS000112

データ活用による医療の透明化が医療の質の改善に繋がる

メディアが未来を変えるには?そんな話題で5月にMITメディアラボ×朝日新聞シンポジウムが行われた。そ

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑