*

医療人がプロフェッショナルであるために読書が必要な理由

公開日: : 最終更新日:2014/04/29

元々読書は好きだったのですが、研修医になってからさらに好きになりました。

茨城に来て暇なので、空いた時間は読書にあてています。4月から読んだ本は200冊に届こうとしています。

 

そんな私がなぜ本を読むのか?

今回は「読書をする理由」について書いてみたいと思います。

 

HippocraticBench 

 

一言で述べれば

 

  • 医療人としてプロフェッショナルであるため。

 

これに尽きます。

そのためには、医療に限らず社会全般に関する様々なジャンルの本を読むことが求められます。

 

20120214_2692669

 

ドラッガーは言いました。

知識ある者は、常に理解されるように努力する責任がある。そのためには自らの狭い専門知識を、知識の全領域の中に正しく位置づける必要がある。それは他の人が「何を必要とし」「何を見」「何を理解しているか」を理解することだ。

『プロフェッショナルの条件』より 一部改編

 

そう。

これこそが“これから”の医療に一番必要とされていることです。

プロフェッショナルとしての在り方。専門能力を持った自分の力を活かすためには、まず環境を整備しなければいけません。これだけ複雑化した社会においては自ら発言せずに己を社会に知ってもらうことは不可能です。

 

  • 自らの専門能力を活かすために己と社会を知り、自らの使い方を社会にアピールする。

 

今まではそんなことをする必要がなかった。勝手に患者達が病院にやってきて、自分たちは存分に医療者としての力を発揮することが出来てたんだ。

こんな意見に対して、どう反論したらいいでしょうか?

 

そのためには簡単に医療を取り巻く歴史の変化を考えてみてください。

医療の目的が”治療“から“QOL”、“死生観”など多様化してきた。

スクリーンショット 2014-02-21 21.29.11

 

これが全てを物語っています。背景には人口構造の変化(=高齢化)、高齢化や医療の発展に伴う疾患構造の変化(感染症➡生活習慣病)があります。

 

スクリーンショット 2014-02-21 21.30.58

 

“治療”を目的とした医療であれば、病院を核とした医療が非常に有効でした。でも今の医療には“治療”以上の様々なものが求められていて、“病院”あるいは“診療所”だけではそれらを達成するのは不可能です。

具体的には、人々の生活に予防を持ち込むこと、慢性的な病気との自宅での付き合い方、介護や福祉との連携、在宅医療の整備、地域資源の有効活用、限られた医療資源の賢い使い方、かつての地縁・血縁に代わる新たなコミュニティなどかつての“医療”の枠を超えたことが必要とされてます。

 

そういう状況だからこそ、医療者は自らが出来ること、役割に敏感にならなきゃいけない。社会を知り、己の立ち位置を知り、様々なプレイヤーと連携していく。連携する体制を整えることこそが、自分の専門能力を十分に発揮する鍵でもあるのです。

 230991_2134

 

一つ具体例を挙げましょう。

ある若い脳外科医がいました。とある地方の中規模病院に勤めています。彼は手術こそが自らの使命と信じていて、また強い自信を持っています。

ある時くも膜下出血の患者さんが運ばれてきて、無事手術に成功しました。でも重い障害が残っているため、今すぐは家に帰ることが出来ません。数ヶ月のリハビリを続けて、家族や介護のサポートが整ってようやく自宅に帰れるかどうかというところです。でもこの地域にはリハビリ病院が不足しています。介護体制も脆弱です。その患者さんはいつまでたっても退院することが出来ません。

 images-2

 

同じような患者さんが病棟内にたくさんいます。とうとう脳外科のベッドが一杯になってしまって、新しい急患を受け入れることが出来なくなりました。彼は手術の腕を活かすことが出来ず、悶々とした日々を送っています。

そして誰よりも、脳外科手術を必要としている患者さんたちが一番の被害者です。その病院に辿り着いて手術を受けることができません。

 

その脳外科医は次にどういうアクションに出るのか?

専門能力を持った医療者が皆外に飛び出ろとは言いません。でも医療者が専門能力を活かすためには、誰かが病院の中から社会に飛び出て環境づくりに参画しなければいけません。

 

 

私自身は病院の中から社会に飛び出す医療者でありたい。

そのために社会を知り、学ぶための有益なツールの一つが読書です。

 

でも、

病院の中に閉じこもるプロフェッショナルこそ、

読書を通じて外の世界を知って欲しい。

 

忙しい彼らにとって、実際に外に出なくても社会を知れる数少ない手段が読書です。

外を知り、それでもなお内に閉じこもって鍛錬する人こそ、真のプロフェッショナルに至ることが出来ると信じています。

 

 ☆blog『医療系読書人』で良かった本を紹介しています。良かったら是非ご覧ください!

スクリーンショット 2014-02-21 21.26.18

関連記事

7e00bc4f4648a99f715ccbc1c917ecde_s

「母親だから感謝しなきゃ」の危険性

 きむらえりですこんばんは。 今日は母の日ということで、私のFacebookには例年通り「お母さん

記事を読む

images-2

子育てと仕事の両立

今の日本社会における最大の課題は少子化だ。 少子化に高齢化が加わることで、人口構成のアンバラン

記事を読む

hakunetsu1101

リーダーシップ白熱教室が放送中(ハーバード大学ロナルド・ハイフェッツ教授)

  白熱教室シリーズにとうとうリーダーシップ論が! 「正義の話をしよう」で有名なマ

記事を読む

48102_447279935356896_1526088402_n

震災から3年。医療学生の私たちにできることは学び活かすこと

2011年3月11日 2時46分18秒 東日本大震災発生日本を未曾有の大震災が襲った。 「風化

記事を読む

模擬選挙

自分の意見に自信を持つには?~模擬選挙と、看護の授業で学ぶクリティカルシンキングから考える~

※この記事は、インタビュー記事 自分の意見を持つことの大切さを子供たちに伝えたいー模擬選挙推進ネット

記事を読む

MOOC2

医学教育にオンライン講座の導入を②

医学教育へのオンライン講座導入について、前回のエントリーとは別の視点(東北に医学部を新設するかどうか

記事を読む

lip

風俗嬢の実態、教えます。

きむらえりですこんにちは。 前回の記事(正しいコンドームの付け方-安全にスムーズに着ける方法-

記事を読む

11

「誰のことを好きか」が健康を左右する

私、魚河岸のお兄さん達とビジネスパーソンが行き交う街、築地にちょこんと建っている看護大学に通っており

記事を読む

IMG_2343

看護学部の授業で習うコミュニケーション技法を1000人に試してみた

皆様初めまして。看護学部3年の木村映里と申します。 元キャバ嬢です。19歳の時には銀座のクラブ

記事を読む

Business-People-Team-With-World-Map_thumb

本当の良い医療チームとは、多様・受容・調和が共存するチームである

 自分に専門性を持ち、それに加えて人的ネットワークを持つ。   昨年の夏に人生を迷って

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑