*

リハビリテーションと異分野融合の可能性

公開日: : 最終更新日:2014/04/29

はじめまして。

愛知でリハビリテーションを専攻している中川 征士と申します。

これから月に数回程、執筆させていただこうかと思います。

リハビリテーション×○○というのを意識し、リハビリテーションの可能性を考えています。

Social Design、一次産業(農業・林業)、禅、哲学などに興味があります。また地元である奈良でまちづくり活動を進めています。

追々、それらについて書いていければと思います。

 

 

さて、今日は連携論について少し触れてみたいと思います。

 

 蟪蛄春秋を識らず、伊虫あに朱陽の節を知らん

 

皆さん、こんな孔子の言葉はご存知でしょうか?

 

 

蟪蛄、それはのことで、伊虫は「この虫」という意味です。ここではのことを指します。

蝉は夏に成虫になりますが、成虫になってからはわずか1週間で生命の終わりを遂げます。

そんな蝉は春や秋があることを知りません。そうであれば春や秋を知らないこの虫が、どうして夏(朱陽の節)を知ることができるだろうか(いや、できない)。
というような意味の言葉です。

 

この言葉は、私たち医療従事者にとっても言えるのではないでしょうか?

 

私に当てはめて言うと、、、

理学療法しか知らない理学療法士は理学療法すら知らない

ということになるのです。

 

 

医療介護福祉の業界ではおよそ30種もの専門性がある

戦後の生命を救う医療から、慢性疾患と付き合いながらより良い生活を求めるような医療へ変遷を遂げました。

この現状で連携は必須条件です。

生活の仕方は100人100様だから。さまざまな視点が必要です。

 

しかし、現状はどうでしょう。

日本ではIPE:Inter Professional Educationの普及が世界的にみて遅れていると指摘されています。

それもあってか、連携は難しいと良く耳にすることが多いように思います。

また日本人の特徴でもあるのかもしれません。西洋で生まれたカンファレンスを日本でそのまま導入しても、その方法論は効果を発揮しないでしょう。

 

 

このようなことが議論されてはいますが、冒頭の言葉通りのことが起きているのではないでしょうか?

 

チームワークといったらスポーツ

例えば、野球。

ピッチャー、キャッチャー、ファースト、セカンド、、、と9人で守備を行います。

セカンドにボールが飛んできたときに、ファーストが取りにいくでしょうか?

いかないですね。

それはセカンドの役目(能力と限界)を知っているからできることでしょう。

そしてセカンドの役目を知るからこそ、自分の能力と限界がわかるのです。

 

他には海外旅行などされた方はよく言われますね。

「日本のよさが良くわかった」と。

まさにそのことですね。

 

医療従事者は

蟪蛄春秋を識らず、伊虫あに朱陽の節を知らんや

であってはいけないのです。

 

是非他職種を知ることで、自身を知ってください。

 

最後に、

集団競技をされた方は実はその方法論をすでに身に着けているはずです。

チームワークとは、唱えるだけではなくて、繰り返しの練習によって向上させるものなのだと。

 

 

季節はずれに蝉を選ぶなんて、非常にナンセンスな記事でありますが、読んでくださった方ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

 

関連記事

MAY

認知症改善への道すじ【私達を支える看護学番外編】

看護学研究の世界へようこそ! 全5回にわたる私達を支える看護学シリーズ。反響戴きました皆様に感謝の

記事を読む

01_トップ

獣医学生から見た「医療」とは

はじめまして!麻布大学獣医学科3年の班目美紀(まだらー)です!今は、養豚から世界を明るくしていきたい

記事を読む

Screen Shot 2015-01-06 at 9.26.00 AM

患者視点から描く 新しい医療のしくみ

 夢は新しい医療のしくみの構築 M-Laboで記事を書かせて頂くことになった慶應義塾大学の

記事を読む

rumoi24b

人生の終着点としての病院ー研修医の提言③

『実の姉とは絶縁しています。必要ならば弁護士を通じて連絡をとってください。』 病院というものは社会

記事を読む

41amnjbQ59L._SL500_AA300_

医療者に死生観を丸投げする患者やその家族─研修医の提言②

前回記事『死生観を医療者が学ぶ危うさ』で医療者が死生観を育む危険性を説いた。 医療において死生

記事を読む

2250fd89369148897c5ebb54738db8ad_s

花粉症対策としての「片づけ・掃除」

花粉症対策といえば? スギ花粉の季節が近づいてきました。日本におけるスギ花粉症(以下、花粉症)

記事を読む

p02-3-l

ドクターヘリの中で救命救急医が考えていること

いつものように仕事をしていると、救急室の電話が鳴りました。「与那国診療所のドクターからです」 「急

記事を読む

寿司??

「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのトップにこんな記事が飛び込んで来

記事を読む

スクリーンショット 2014-09-23 17.54.25

患者の回復にも大きく影響する看護師の「朝のケア」とは?

朝起きてやることは、1日を始める上でとても重要なこと 朝起きてやらなくてはならないこと、そ

記事を読む

PAK85_iroenpitunaname131310500-thumb-978x500-3685

食事介助の現場で期待される「色彩の持つ可能性」

色は人の味覚に影響を与えるのか?! あなたは、綺麗な色のテーブルクロスが敷かれた机の上にあ

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑