*

医療を変える「デザインの力」

公開日: : 最終更新日:2014/08/12

「アート×医療」とか「建築×医療」とかそういうキーワードが流行り始めてきている中、どうしても実感が沸かなかった私が

デザインが医療を変える

と思うようになったTEDのプレゼンを今日紹介します。

 roby

ネットでニュースがリアルタイムで見れる時代になるにつれて新聞を読む人はドンドン減ってきています。僕達で新聞を読む人は34.9%(2010年度)。新聞は実用性の面で勝てなくてなっている。そんな新聞業界をデザインという立場で変えていった人が今回紹介するTEDのスピーカーのヤセックウトコです。

『デザインは新聞を救えるか?』 by ヤセックウトコ

 

 

1.デザインが新聞業界を変えた

ヤセックウトコは低迷していたポーランドのビジネス誌を一年で世界一の賞を得るまでの新聞に叩き上げました。

newspaper2-3

newspaper3

 

単に情報の羅列であった新聞ではリアルタイムで情報を手に入れる事が出来るウェブに実用性で勝てない。そこで彼が考えたのが、

『一つの新聞を物語にする』

一面に彼の訴えを表した一つの大きなデザインを載せて、その後社説、その後時事というように起伏とリズム感を付ける事で情報が読者の消化しやすい形で提供する事にしました。

win5-2012-22g

また建築家出身の彼は単に、ビジュアルだけでなく機能性も追求する建築の考え方を取り入れて、情報に付加価値を付けて提供する事で新聞業界に大きなインパクトを残しました。

 

2.デザインがビジネスの世界を変える

現在でアメリカではデザインシンキングという考え方が取り入れ始められつつあるようです。MBAを取るよりもデザインを経験している方が良いとしている企業もあるそうです。デザイナーというと単に、ビジュアルに意識が集中しているように見えますが、実際は違います。まず目的を考えて、中身を合わせて、何度も何度もその依頼された事業や会社の流れを意識して、そしてやっとデザインを決めるそうです。

ba_startup_image_s

実際、私がカフェ起業をした時にデザイナーに何度か依頼したのですが、『コンセプトはなんですか?』『目的はなんですか?』という一見何も関係ないような部分を何度も聞かれて驚いた事が多くありました。目的を設定して、中身を合わせるこの作業がビジネスの世界で大きく生きる可能性は大いにあります。

 

3.デザインが医療の世界を変える

医療がこれから人・金の面でドンドン効率化していくのは必須です。しかし、効率化のみを遂行して残るのは遊び心の無いつまらい無機質な空間です。ナースステーションが真ん中にあってその周りを病室が囲ってるという良く見られる病棟の構造は実は刑務所と同じ構造になっているのを御存知でしょうか?

医療に最終的な受益者は人です。確かに病気を治すのが医療の役目だとは思いますが、そこに

『科学』だけでなく『感性』という要素を含むべきです。

 

top

よく地域のおじいちゃんが「病院に行くだけで憂鬱になるから行かん」とおっしゃるのを聞きます。今後必要になってくる予防医療とか健康維持を推進するために病院に『感性』の要素を取り入れる事はとても意味がある事なのではと思います。

スクリーンショット 2014-01-21 2.12.42

スクリーンショット 2014-01-21 2.12.14

 

デザイン性の高いHPも誕生してきてます。 

4.私個人が思う生活とデザイン

いつも真面目な事を書かせてもらってますが、実は趣味でDJをやっています。DJというと少しチャラいというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、DJは与えられた自分の持ち時間の中で曲順をテンポや展開の起伏を操り一つの物語を作る音楽のデザイナーのような事をしているのです。例えば皆が知っている曲をかけると盛り上がりますが、その中で自分しか知らない曲をタイミング良く混ぜて新たな発見をしてもらうのも一つの物語の力です。そのようにして生まれた物語がお客さん、空間、音楽、企画者という様々な部分でマッチした時に凄い盛り上がりを見せます。(私はヘタクソなのでなかなかここまでの力を持っていませんが)

 

このような駆け引きは『プレゼン』にも利用できると思います。どんだけ良い事を言っても、面白くなかったら聞いてもらえないし、けどお客さんに合わせているだけじゃ自分がプレゼンをしてる意味がない。目的を決めて選択と集中をして雑談を混ぜて伝える。これも一種のデザインなのではないかと思います。

 

大学の授業や会社のセミナーを見てても、大方が面白くないと感じてしまうのは『理屈』で全て考えてしまうからなのではないと私は考えています。そうではなくてある程度単純に面白そうっていう『感性』の要素を取り入れてみたらまた違った景色が見えるのではないかと思います。

 

私が将来仕事にする医療の分野をこれからも維持していくために『効率化』というのは必ず行われます。効率化されながらも本質を忘れない医療をするために『デザイン』という考え方は必要になってくるのかもしれないと思いました。

関連記事

コーヒーカップ

ピルについて調べてわかった4つのこと

初めまして。このたびライターとなりましたKirikouです。 ピル飲んでみる?と言われて 早速す

記事を読む

WS000080

医療者が発信する文化をどうやってつくるか?

※Derek Sivers 「社会運動はどうやって起こすか?」   編集長の藤巻です。

記事を読む

cbbe1fbdd79871680e400269186dc14b_s

看護実習で心が折れる原因、「厳しい」と「優しい」の二分法

こんにちは、看護学生の川上です。 実習中に思ったことや、自分が入院して気づいたことを中心に、さりげ

記事を読む

座る

なぜ人は座って食事をとるのか?

姿勢を整えることで、喉に食べ物が詰まることを防ぐことができる 「楽に、安全に、食事が食べら

記事を読む

b6b78a05c99d022889469875d4398d61_s

おまじない歯磨きから卒業しよう ほとんどの人が60%も磨けてない

みなさん、こんにちは。昭和大学歯学部4年の金箱志桜都です。 なぜ歯医者さんは口すっぱく「しっか

記事を読む

薬剤師カフェ ゔぃた

薬剤師CAFE店長に聞く「“本当の予防医学”を広めたい」

今回お話を伺ったのは、薬剤師Cafe vita店長平井陽子さん。薬剤師Cafe立ち上げに至る経緯、健

記事を読む

HARUYUME

意識障害のある患者さんの気持ちを知る方法【私達を支える看護学④】

看護学研究の世界へようこそ! 私達を支える看護学シリーズ第4弾です!前回は「便秘解消のための温罨法

記事を読む

mountain-climb

山を下る時代がやってきた!

先日、ある市長の話を聞く機会があった。   その市長は、   山を下る時代がやってきた!

記事を読む

8ed105d5

医療者が死生観を決めつけることへの違和感ー研修医の提言①

数年前から医療者は「死生観」を学ぶべきだという風潮が医療界に漂っている。 しかしその安易な風潮

記事を読む

p02-3-l

ドクターヘリの中で救命救急医が考えていること

いつものように仕事をしていると、救急室の電話が鳴りました。「与那国診療所のドクターからです」 「急

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑