*

「マラリアで死んだ人は、実際のところ、統計より少ないんだぜ。」

公開日: : 最終更新日:2014/12/28

IMG_0178

タンザニア領海に浮かぶザンジバル島、その北端にヌングイという村がある。時系列的には前回の記事(マラウイ)より少々遡るが、9月の半ば、高校の同級生3人と共に1週間の大登山を終えた僕は、この穏やかな海辺でのんびり療養していた。

(登山云々に関しては個人ブログ参照→DOCTORinEMBRYO

「ダラダラ」と呼ばれる乗り合いバスから眺める道路沿いの景色は長閑な田舎のそれであったが、ひとたびビーチへと繰り出せば高級ホテルとレストランが軒を並べた。遠浅の砂浜は石灰のように白く、海は透き通るようなエメラルドグリーンで、その美しさ故にザンジバル屈指のリゾート地として知られている。

そんなヌングイのホワイトビーチで、ひょんなことから1人のタンザニア人と仲良くなった。仲良く、と言っても彼とは半日話したきりで、現に互いの名前もfacebookも知らない訳だが、不思議と気が合う奴だった。

彼は僕と同じ歳で、アメリカの大学に留学していると言った。出身はモシ(キリマンジャロの麓の街)だが、ホリデーで彼女と一緒にザンジバル観光をしているそうだ。留学中だけあって彼のアメリカナイズドされた英語はネイティブ並に流暢だった。最初はお互いの自己紹介的な話を続けたが、「せっかくならこの機会に思い切ったこと聞いちゃおう」と思い立った僕は、彼に「ぶっちゃけどうなの?」的質問を繰り返した。

例えば、

・「アフリカ人にとって『アフリカ』っぽいってイメージする場所はどこ?」→「貧困とかの話ならウガンダかなあ、音楽ならナイジェリア」

・「髪の毛伸ばさないの?」→「髪伸ばしたら親に殺されるwww」

 (※いわゆるラスタマンスタイルのドレッドヘアーは若者の間では不良的な位置づけらしい)

・「黒人なら騙されたりボられたりしない?」→「ザンジバルではおれもボラれまくってる(笑)」

・「白人の女の子と黒人の女の子、どっちが好き?」→「俺は白人の子が好きだ!」

・「黒人も日焼けするの?」→「するぜ!(笑)」

・・・といった具合に、ともすると「人種主義野郎!」なんて罵られそうな思い切ったことを聞いてみた。当時の手日記を開いて振り返ってみる今、随分と色々ギリギリな質問をしていたようで驚かされる。同世代だからこそできたんだなあ、と思う。

そんな会話の流れの中で、マラリアについても尋ねた。

「マラリアは風邪みたいなものだよ。皆一度はかかってる。」

更に彼は続けた。

「マラリアで死んだ人は、実際のところ、統計より少ないんだぜ。」

彼が言うには、「エイズによる死」の隠蔽に「マラリア」を使う人が少なくないらしい。「何処何処の誰々はエイズで死んだらしい」なんて噂が立ち蔑まされるのを恐れ、家族や親族がそうさせるのだと言う。

僕はこの話を全面的に信じた訳ではないが(現にマラリア死亡者のほとんどが小児である)、「エイズを隠す」という話はケニアのキベラスラムでも耳にした。そんなコミュニティ内での圧力が統計に何らかの影響を及ぼしていたとしても不思議ではないし、可能性としてはあり得るのかもしれない。仮にこれが都市伝説の類だったとしても、彼のような聡明な若者ですら「マラリア」という世界三大感染症の一角に対しそんなイメージを持っているという事実は憂うべきものであろう。

 

マラリア(2009年)

   1. (1)年間罹患者数 2億2,500万人

2. (2)年間死亡者数 約78万人

[2010年 WHO世界マラリア報告書より]

 

無理矢理な一般化と偏り気味な極論になるが、およそ全ての物事には疑う余地はあるのではないか、と彼との会話を通して感じた。マスメディアの放送云々はよく謳われてることだが、こうした絶対的に見える数字にだって、他意はなくとも別のストーリーがあるのかもしれない。

「中立を保て」というメッセージでは決してない。「中立」ですら1つの立場だ。ただ、何かを信頼し、そこに具体的な行動が伴う時、それがどの情報や価値に基づいているのか、という意識は持って然るべきと感じた。特に「生きること・死ぬこと」なんていう人生の根幹に深く関わり得る医療職人は尚更だろう。

ちなみに、僕はこの1週間後、マラリアに感染した。

(ライター 医学科 井口明)

次話:ゾンバ中央病院で

医学生のアフリカ旅|旅の始まりはこちらへ「1年間休学させてください」

関連記事

IMG_0194

ゾンバ中央病院で。

「ゾンバへ行くのならゾンバ中央病院でインターンしてくるといい。当時の同僚がまだいるから、『ドクタース

記事を読む

12275_10151191966067857_361713297_n

Cycling Africa 〜DAY 3〜

医学生のアフリカ旅|旅の始まりはこちらへ「1年間休学させてください」 ナミビアから南アフリカ共和国

記事を読む

unnamed

Bad luck医大生のGood luck世界一周Vol.1

はいどーも。たろです。初めまして。 「世界一周」 突然ですがこの四字熟語。みなさん読んでみて何を

記事を読む

IMG_6856

キスム訪問記

ケニアの首都ナイロビにかれこれ計40日近く滞在、というバックパッカーとは思えぬ長期滞在生活終盤戦のこ

記事を読む

_h

サハラ砂漠の小さな村で。

エジプト首都・喧噪のカイロを離れ、17時間強のバス移動を経て辿り着いた南部の港町・アスワン。アスワン

記事を読む

o0768043212681534524

医学生が患者になって気付いた事

こんばんは。現在、気合と勢いしか取り柄がない森です。そんな私はベットの上で包帯をグルグル巻きにして一

記事を読む

IMG_1095

「なんとかなる」力

マラウィの首都、リロングウェ。 ここに到着したのは3日前だが、一国の首都とは思えぬその混沌っぷ

記事を読む

380384_268925823218888_104443371_n

国連オフィスに行ってきた。

ケニア北部にあるソマリア人難民キャンプ「ダダーブ」でNGO活動されていた黒岩揺光さん。今年の1月に氏

記事を読む

image

Cycling Africa 〜DAY 4〜

医学生のアフリカ旅|旅の始まりはこちらへ「1年間休学させてください」 ナミビアから南アフリカ共和国

記事を読む

okinawa

自分が患者になるとは思ってもいなかった その2

決意の一歩 その1(http://mlabo.net/wp/2013/11/565/)で書いたよう

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑