*

“医療”を定義してみようか

公開日: : 最終更新日:2014/02/01

 『医療の再定義』が必要な時代が到来している。

 

 このような認識を持ち、真摯に向き合っている医療人はどれくらいの数いるのだろうか?

 

QOLという概念の登場

患者の権利意識の台頭

医療訴訟始め医療への不信

介護・福祉分野からの医療への要請

高齢化社会の到来に伴う医療資源不足

地域医療崩壊

様々な企業の医療への参入

 

 全て「医療が変化していく過程」における変化や対立、課題、人々の挑戦を表彰している。

 

その変化の流れを知り、医療の未来を読み、自らの道を定めるために僕は生きている。

そのために本を読む。その範囲は当然医療に留まらない。

そのために多くの人に会う。

そのために色々なところに見学に行く。

 

 非常に難しいテーマなのだが、先日M-laboの内原くんにこの問いを突きつけられ、考えてみた。

 そのとき、自分の頭の中ではかなりイメージができているということに気づいた。

 

〈参考資料:19世紀から20世紀における医療の変化を知るのに最もいい良書。〉 

 

 以下にボクの思考の軌跡を徒然と記す。

 

 高齢化が進む中で国は在宅医療へと舵を切った。在宅医療を行うということは、今までは病院における治療の対象だった数々の病気と、人々が自らの家の中で付き合っていくということなのだ。病気に対する姿勢が、“治療”から“共存”へと変化しつつある。

 一方でQOLという概念は広く世の中に普及した。医療は“治療”のみならず、“生活の質”を要求されるようになった。

 うつ病の患者数は年々増え続けている。また発達障害という名の精神疾患も世に広まりつつある。家庭において、学校において、企業において、メンタルヘルスは非常に大事な分野なのである。

 “メタボリックシンドローム”という概念が登場した。今まで“病気”だと定義されてなかった人たちが、“病気”になった。医療が拡大する力は凄まじい。

 医療における連携。院内の医療職同士の連携に留まらない。介護、福祉、行政、政治、企業、NPO。様々な分野と連携し始めている。一体医療はどこまでの範囲をカバーするべきなのか? 

 胃瘻の問題が世を賑わすようになって久しい。呼吸器装着の問題もある。人を生かすためにどれだけの医療を使うか?“スパゲッティ人間”と揶揄される人たちを生産し続けることの是非。では出来てしまった”スパゲッティ人間”を殺すのは倫理的に許されるのか?一人一人の患者・家族と医療者の死生観、倫理、哲学が問われる。

 

 現在世の多くの人々がイメージする”医療”の辺縁の部分をpick upした。

 最近では、医療による町づくりすら提唱されている。

 

〈参考資料〉

 

 そして昔に比べて、医療人は様々な分野に飛び出している。

 メディア、国会議員、地方行政の長、厚労省、コンサルティング、金融、訴訟、デザイン、IT、地域再生、教育、対話、海外支援、宗教…

 

 医療は人間にとって、とてもとても大切な一分野なのだ。

 だからこそ、どんどんどんどん範囲を広げていく力を持っている。

 

 だから、医療の再定義が必要だ

 改めて、医療とは何なのか?医療人は何をなす存在なのか?考える必要がある。

 

 以上は私の個人HP『医療系読書人』記事を加筆修正したものです。

つづく|“医療”を定義してみようか、そしてその先を見つめよう

関連記事

IMG_0141

アフリカ旅で感じた一人の時間について思うこと

M-Laboライターのokabeさんが以前「とてもシンプルだった。1人でいたい時がある理由。」という

記事を読む

boston

「一流の人に共通する目標設定術」   -バウンダリレスドクターを目指して-

明けましておめでとうございます、ハーバード大学におります猪俣武範です。(写真はボストンの夜景

記事を読む

fw088_l

ブログで自分を発信すると絶対得する3つの理由 〜後半〜 

さて後半です。  前半では書く事で開かれる人生について触れました。 「ブログで自分を発信

記事を読む

9f4c6bf39938d3a3e0ac1f549fc85350

「2000の歌声でつくるバーチャル合唱団」

TEDのプレゼンの中で、M-Laboのテーマに通じる動画を紹介したいと思います。  

記事を読む

addiction-71575_1280

薬学生が知っておくべき医薬品業界の「現状」とは?

そろそろ2016年卒の学生さんの就職活動のシーズンを迎えますが、これから就職活動を始められる薬学生の

記事を読む

unnamed

薬学出身者のキャリア形成と人材育成

薬学生が就職活動の企業分析をする上で考えるのは、自身のキャリアをどう形成していくか?そして、それに答

記事を読む

large

研修医一年目 理想と現実の狭間で

僕は社会を良くしたい。 いつからか、それが当然だと思っていた。世の中を良くするために活動する。

記事を読む

色鉛筆

医療系学生同士が交流すべき3つの理由

 きむらえりですこんにちは。お客様から「上下にプレスしたパンダ」と評判です。顔が。  

記事を読む

13

テクノロジーの進化によって、仕事の在り方・私達の生活が変わる

以前、テクノロジーの世界が私達にもたらす影響の話をさせて頂きました。 →http://mlabo.

記事を読む

5798806497_8876301f52_z

編集長が語る、M-Laboへの想い

(11月5日初公開 1月26日加筆) 一番最初に、ある意味言いだしっぺでこのM-Laboというメデ

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑