*

テクノロジーの進化によって、仕事の在り方・私達の生活が変わる

公開日: : 最終更新日:2014/03/29

以前、テクノロジーの世界が私達にもたらす影響の話をさせて頂きました。

http://mlabo.net/wp/2013/11/672/

 

今回はこの事に関連して、興味を持った二つの本からお話させて頂きます。

 

 ◯池谷裕二「進化しすぎた脳」

http://www.amazon.co.jp/進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線-ブルーバックス-池谷-裕二/dp/4062575388

◯長沼博之「ワーク・デザイン 〜これからの働き方の設計図〜」 

http://www.amazon.co.jp/ワーク・デザイン-これからの%E3%80%88働き方の設計図〉-長沼博之/dp/448413232X

 

 

1、脳を最大限に使えてる人間など誰もいない。 

 水頭症という病気を御存知ですか?小さい時に水頭症が起きると、大脳が薄っぺらくなり下手すると健康な人の5%の体積になってしまう病気です。そんな水頭症の患者さんが大人になった時にIQテストを行なうと不思議な事にほぼ正常になる。つまりこの結果から私達の脳は本来の力を全く発揮させれずにいると推測できる。脳の可能性は無限大であるという事だ。では、何が限界を作るのか?

 一つ目は「体」だ。例えば、私達の手は10本しかない。よって10本分の動きしか脳は指示できない。もし20本あったら20本分指示する事ができるはず。もう一つある。「環境」だ。子供の英語教育を見てみよう。日本人であっても7才までに英語圏に行き、英語を話せばネイティブレベルで話せるようになるとある実験で証明されている。反対にそれが大人になってどれだけ勉強しても「r」と「l」を聞き分ける事は出来ないとされている。

 a「脳」は「体」と「環境」にリミッターをかけられている。ハードが変化したらソフトも変化する。

 一方機械はどうだろか?コンピューターを見てみよう。仮にマウスを二つにしてみたとしよう。それが動くようになるためにはPCの性能とか設定を変えなければならない。

 b「機械」はあくまでハードが変化してもソフトは変化しない。

人間と機械の大きな違いはまずここにあると言える。

 

2、今目の前に見えてる世界の中で、目によって入ってくる情報はたった3%

 今、皆さんの目の前にある光景は質の悪い動画のようにカクカクしていないですよね?全てを三次元で捉えられていますよね?けど、実はその世界は脳で勝手に作られた世界なんです。

 え?

 実は視覚の入り口である網膜の構造は二次元でしか捉えることができない構造になっているのです。更に、視神経は100万本しかありません。カメラでいったらたった100万画素です。100万画素といえば、10年くらいの携帯のカメラくらいです。けど実際私達が見えている世界は三次元で、カクカクじゃなく奇麗に見える。

 何故でしょうか?それは、大脳が情報を過去の経験などから補正しているからと言われています。

 c 目で見ていると感じる世界は結局大脳が映し出している世界に過ぎない。

 

3、人間は曖昧さが生む柔軟性と想像力

 詳しく説明すると、膨大な時間がかかるため本を読んで頂けたらと思うのですが、簡単に言うと、人間の神経細胞の能力は完全性に欠け、それが「記憶の曖昧性を生む」事が分かっています。それに比べて、機械は「与えられた事を完璧に覚えることが出来る。」一見、脳は機械に劣るように聞こえるが、この記憶の曖昧性が「人間の柔軟性と人間の想像力を生む」事につながる。

 記憶が曖昧な点を補うため、脳は今までの経験や記憶のパターンからルールを見つけて一般化して物事を覚える。また、記憶が曖昧であるため、ふとした時にあやふやな記憶とあやふやな記憶が繋がり新しいアイデアを生む事が出来る。

 d「脳」は単純記憶の面で機械に劣るが、柔軟性と創造力の面では圧倒的に長けているといえる。

 

4、仕事の在り方が変わる

 様々なテクノロジーによって、人間がやっていた仕事を機械がやるようになっていきました。ガソリンスタンドが良い例だと思います。「ワークデザイン」では単純で作業的な仕事は機械に代替、計算的・論理的な仕事はネットで一部の専門家にコンサルタントして他は全て機械に代替という形になるとされている。

 その中で人が行うであろう仕事は「接触性」「創造性」を持った仕事になる。極めて人間的な要素が問われる看護・介護などの職は「接触性」、仕組みを作る経営陣やデザイナーなどの職は「創造性」を求められる職に当たる。

  e人間しか「接触性」「創造性」を持った仕事を担えない。

 

↓↓写真はコチラ

https://www.dropbox.com/s/6bybxca1cqyo5ba/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%97%E3%81%B5%E3%81%A8.jpg

 

5、再生医療をどう考えるか?

自然淘汰という言葉を御存知だろうか?人間の世界に限らず、例えばサバンナにいる動物達でも当てはまるのだが、優秀な遺伝子を持っている生き物しか生き残れなかった。また優秀であっても「環境に適応できない」生き物は子孫を将来に残す事が出来なかった。

 「環境」の変化に合わせて「進化」していった。

これが地球が誕生してから始まったずっと繰り返してきた法則になる。しかし、医療が発達して生き残る事が出来ないはずの人間が生き残るようになった。今私達がしている事は自然淘汰の原則に反していると言えるだろう。

 「進化」をやめて「環境」を変え始めた。

メガネを作って目が悪い人でも生活でき、冷房・暖房を使用して気候の変化にとらわれず生きるようになった。そして、医療の世界で最大の変化が起きようとしている。

 再生医療だ。  

「体」は「脳」の最大のリミッターで「環境」に相当する。そのリミッターを外し「環境」を変える事が出来る可能性があるのだ。再生医療というテクノロジーはそれほど、私達に大きな影響を与えるだろう。

 

 

6、最後に

今回はテクノロジーが人間に与える影響についてお話させて頂きました。「人間とは?」について考える事がとても大事になってくる時代になってきているのではないかと考えております。

さて皆さんはどうお考えになりますか? 

関連記事

large

研修医一年目 理想と現実の狭間で

僕は社会を良くしたい。 いつからか、それが当然だと思っていた。世の中を良くするために活動する。

記事を読む

7e00bc4f4648a99f715ccbc1c917ecde_s

「母親だから感謝しなきゃ」の危険性

 きむらえりですこんばんは。 今日は母の日ということで、私のFacebookには例年通り「お母さん

記事を読む

20120220160452b78

本当の男女平等ってなんだろう?

先日二宮さんが書いた「子育てと仕事の両立」の記事。 http://mlabo.net/2013

記事を読む

48102_447279935356896_1526088402_n

震災から3年。医療学生の私たちにできることは学び活かすこと

2011年3月11日 2時46分18秒 東日本大震災発生日本を未曾有の大震災が襲った。 「風化

記事を読む

images-13

医療人がプロフェッショナルであるために読書が必要な理由

元々読書は好きだったのですが、研修医になってからさらに好きになりました。 茨城に来て暇なので、空い

記事を読む

Lady-Gaga-ARTPOP

レディー・ガガに学ぶ!ソーシャルビジネス戦略とは?

 LADY GAGAってどんな人? タイトルにえっ?と思った方。レディー・ガガという人物はご存

記事を読む

hakunetsu1101

リーダーシップ白熱教室が放送中(ハーバード大学ロナルド・ハイフェッツ教授)

  白熱教室シリーズにとうとうリーダーシップ論が! 「正義の話をしよう」で有名なマ

記事を読む

猫_yukiyamada

自信がないって素晴らしい!自信がない人に伝えたい2つのこと

 こんにちは、きむらえりです。 前回の風俗嬢の記事(http://mlabo.net/wp/201

記事を読む

コンドームつけ方_アイキャッチ

正しいコンドームの付け方-安全にスムーズに着ける方法-

久しぶりに会う人の6割強に「太ったよね」と言われます。きむらえりですこんばんは。 性教育につい

記事を読む

home_healthcare

在宅医療現場を1ヶ月回っていて考えたこと。

病院とは違って、在宅医療だから家で過ごす高齢者を多く診させてもらった。   多くの

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑