*

ゾンバ中央病院で。

公開日: : 最終更新日:2014/12/28

「ゾンバへ行くのならゾンバ中央病院でインターンしてくるといい。当時の同僚がまだいるから、『ドクタースギの生徒だ』と言えば大丈夫。」

杉下先生からゾンバの話を聞いた日、先生が協力隊員として働かれていた「ゾンバセントラルホスピタル」の訪問を薦められた。

医学生として、ゆくゆくは医者になる(はず)の身として、アフリカの田舎病院で時間を過ごせるのはダラダラ観光を続けるよりも随分と魅力的なプランだった。二つ返事で病院訪問を決めた。

 

ゾンバ中央病院は、中心街から徒歩30分ほど離れたメイン道路沿いに建っている。想像よりも大きく立派な一階建ての病院で、祝日明けも手伝ってか、朝8時なのに患者がいたるところで列を成していた。

こんな忙しい中申し訳ないなあ、などと思いながら病院長のオフィスの戸を叩く。

「自分は日本の医学生でアフリカの医療とその現実に興味を持っている、アフリカに帰ってきて働くことも考えている、よければ何か手伝わせてもらえないだろうか」

そう頼み込むと、1時間ほど待たされた後、病院長に質問された。

「君は何年生かね?」

「一般教養を終えたところ?そうしたら何もできないねえ」

 

何もできないことは行く前から分かっていた。せめて医療の知識を身につけてから休学する、そんな選択肢を蹴って1年次終了時の休学を選んだのは他ならぬ僕自身だ。それでも出来ることがあると信じていたし、その選択自体は間違っていない確信がある。

 

けれど事実として、現場において、何も持たない僕は想像以上に、圧倒的に、無力だった。何もできないことは分かっていた。それが無性に悔しかった。

今年1年は「験」と「見」に徹する、そんなことを高々と口にしてきた。実際にここまでの旅路で学んだことは数え切れない。

だが、「医学生」としての自分の旅に関しては、ケニアで様々な人にお会いして以来、「行動」が伴わない「験」と「見」にこれ以上の意味は無いのではないか、と限界を感じ始めていた。探していたのはこれだったのかもしれない、そう思えるほどのキッカケは既にケニアで経験していた。

 

結局院内の見学と外人医師の方々と少しだけ会話し、ゾンバ中央病院を後にした。

 

帰り際、杉下先生を知っているという看護士のオバちゃんたちが「ドクタースギは今どこにいるんだい?何してるんだい?もう5年以上会ってないよ!」と目を輝かせて聞いてきた。人徳だなあ、と思った。どこで、何をしようと、僕もそんな「人間」であれたらいいな、と思う。

IMG_0194

医学生としての旅の限界、チズムルで考え続けた自分の旅。欲しかったものはもう手に入った気がしていた。それは良い意味での限界で、同時に旅の終わりを告げるものだった。

次話:「なんとかなる力」

医学生のアフリカ旅|旅の始まりはこちらへ「1年間休学させてください」

(ライター 医学科 井口明)

関連記事

IMG_0274

1年間休学させてください

「1年間休学させてください」  大学1年の秋、休学申請手続きを始めた僕に対する反応はなかなか厳しい

記事を読む

521943_500454123381775_1075617113_n

走り出す。

はじめまして。 信州は松本で医学生をしております、町田はるかと申します。「世の中にはこんなにすごい

記事を読む

IMG_6514

キベラスラム訪問記

スーダン、エチオピアでおよそ二ヶ月過ごした後、41時間バスに乗り続け、赤道を越え、ケニアに辿り着いた

記事を読む

unnamed

Bad luck医大生のGood luck世界一周Vol.1

はいどーも。たろです。初めまして。 「世界一周」 突然ですがこの四字熟語。みなさん読んでみて何を

記事を読む

380384_268925823218888_104443371_n

国連オフィスに行ってきた。

ケニア北部にあるソマリア人難民キャンプ「ダダーブ」でNGO活動されていた黒岩揺光さん。今年の1月に氏

記事を読む

image

Cycling Africa 〜DAY 4〜

医学生のアフリカ旅|旅の始まりはこちらへ「1年間休学させてください」 ナミビアから南アフリカ共和国

記事を読む

IMG_6856

キスム訪問記

ケニアの首都ナイロビにかれこれ計40日近く滞在、というバックパッカーとは思えぬ長期滞在生活終盤戦のこ

記事を読む

IMG_0178

「マラリアで死んだ人は、実際のところ、統計より少ないんだぜ。」

タンザニア領海に浮かぶザンジバル島、その北端にヌングイという村がある。時系列的には前回の記事(マ

記事を読む

12106_10151191965802857_2094287744_n

Cycling Africa 〜DAY 2〜

 医学生のアフリカ旅|旅の始まりはこちらへ「1年間休学させてください」ナミビアから南アフリカ共和国ま

記事を読む

o0768043212681534524

医学生が患者になって気付いた事

こんばんは。現在、気合と勢いしか取り柄がない森です。そんな私はベットの上で包帯をグルグル巻きにして一

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑