*

公開!離島救急医の日常

公開日: : 最終更新日:2014/11/21

となりの芝は、青い。
他人の生活は、気になる。

 

「銀行員やってる友達とか、毎日どんな生活をしてるんだろうなぁ(半沢直樹??)」
「研究者って言っても色々だろうし、毎日試験管振ってるわけじゃないよなぁ」
「飲食店の経営者って、店の裏でどんなことしてるんだろう。そもそも店に出勤してるのかな」

そして気付きました。
医者の日常が気になっている人もいるんじゃないかと。
見えないものが気になるのは、きっとお互いさまでしょう。

というわけで。
ふとしたきっかけで石垣島にやってきた20代救急医がどんな生活をしているのか、数回に分けて書いていこうと思います。

※ 一連の投稿に出てくる患者は、全て架空の人物です

 

よくある一日

7:00 起床。
南の島は暖かいから、朝ふとんから出られないなんてことはありません。
準備して、8時に家を出ます。
病院まで車で10分。島では一家に一台じゃなくて、一人に一台必要です。
うちは夫婦2人、中古の軽1台 + 自転車で何とかがんばってますが…。
電車なんて無いし、バスも1時間に1本。そして小回りがきかない。

8:30 業務開始。
救急外来に行って、何となく昨日来た患者のリストを眺めながら、次来る患者に備えます。

「先生、患者さん一人お願いしまーす」
看護師さんからカルテを手渡されます。
島は電子カルテじゃなくて、バインダー型の紙カルテです。

「1週間前から風邪が治らない80歳の女性。咳が増えてきて、苦しい。」
肺炎かなぁ…。

お話して、診察して、レントゲン撮って、肺炎でした。
私:「風邪をこじらせて、肺炎になっちゃったみたいですね。」
患:「1週間前に行った病院ではただの風邪だって言われて、ろくに薬もくれなかったんだよ!あそこはダメだね…。」
私:(1週間前はきっと本当にただの風邪だったんだと思うんだけどなぁ…遅れて肺炎になることが多いし…うーん)

患者の言うことが医学的に間違っている(かもしれない)時に、それを訂正するかは迷いどころです。
100% 自分が正しいかなんて分からないし、病気の治療と関係のないところで不信感を持たれても、何のために治療をしているのか分からないし。
迷ったあげく、たいていは「そうですかー。まぁ、色々難しいですよね。じゃんけんと同じで、後出しの医者の方が色々よく見えるものなんですよ」くらいにお茶を濁してしまいます。
相手が若くて論理的な人であれば、こちらも色々突っ込んで説明したりもするんですが。

80歳の方が肺炎になったらそれだけで入院にするという考え方もありますが、「沖縄の80歳は本土の65歳なみ(に元気)だ!」と自分に言い訳しながら、抗生物質を出して、2日後にもう一度来てもらうことにします。
入院したら筋力も落ちちゃうし。

 

そんなこんなしているうちに、診察待ちの患者が増えてきました。
島人(しまんちゅ)8割、観光客2割、って感じです。

手が空いたスキを狙ってお昼の弁当を買いに行くと、「先生、患者さん来ました~」と呼び出されて(PHS)、結局買ったままの弁当が夕方まで放置なんてことはザラです。
それが怖くて、そのうち昼ごはんを食べる習慣がなくなってきます…。

この日は結局夕方まで忙しく、18時に夜の当番の人に引き継いで、仕事を終えました。
当直がない日は、東京で働いていた時よりも早く帰れます。

うちで夕食を食べて、23時には寝るという、恵まれた生活を送らせてもらっています。

 (続く)   

関連記事

5b1594a33807a0f3e292d0615c657fca_s

看護師と患者さんとの認識のズレ―双方の立場で考えてみる―

はじめに 初めまして、看護学生の川上と申します。 「看護の視点から自分の考えを発信したい」と

記事を読む

コーヒーカップ

ピルについて調べてわかった4つのこと

初めまして。このたびライターとなりましたKirikouです。 ピル飲んでみる?と言われて 早速す

記事を読む

HARUYUME

意識障害のある患者さんの気持ちを知る方法【私達を支える看護学④】

看護学研究の世界へようこそ! 私達を支える看護学シリーズ第4弾です!前回は「便秘解消のための温罨法

記事を読む

WS000080

医療者が発信する文化をどうやってつくるか?

※Derek Sivers 「社会運動はどうやって起こすか?」   編集長の藤巻です。

記事を読む

WS000112

データ活用による医療の透明化が医療の質の改善に繋がる

メディアが未来を変えるには?そんな話題で5月にMITメディアラボ×朝日新聞シンポジウムが行われた。そ

記事を読む

y56-0

離島の医者にプライベートはあるのか

離島の医者と言うと…「町中で患者さんから声をかけられる」「患者が自宅に押しかけて来る」そんな感じでし

記事を読む

スクリーンショット 2014-03-07 6.51.47

医療・福祉・介護の壁を乗り越えていく <かさまねっと活動報告>

茨城県笠間市で、医療・福祉・介護に関する対話の場作りを行う「かさまねっと」。 今回のシンポジウムで

記事を読む

icon_512 のコピー

国立と私立における医学部の教育意義の違いとは

初めまして、九州大学医学部6年の上松と申します。今回医学部を卒業するということもあり記念にという意味

記事を読む

e051a8ff406f33ccd3a8adece3d8aa06_s

病気になったら、日記をつけよう

看護学生になったばかりの頃、「闘病記を読みなさい」と教わりました。図書館の闘病記コーナーに行き、本を

記事を読む

MAY

認知症改善への道すじ【私達を支える看護学番外編】

看護学研究の世界へようこそ! 全5回にわたる私達を支える看護学シリーズ。反響戴きました皆様に感謝の

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑