*

子育てと仕事の両立

公開日: : 最終更新日:2015/01/11

今の日本社会における最大の課題は少子化だ。

少子化に高齢化が加わることで、人口構成のアンバランスが生じてしまい、さらに由々しき事態となる。人口構成のアンバランスだけならまだいいのだが、この変化のスピードがよろしくない。このように急激な人口構成の変化に、社会のシステムがついていけるはずがない。

しかし今の日本はあまりにも無策である。と同時に、市民の意識が低すぎる。

国の政策や制度なんて、国民の意識・文化ありきで決まって来るのだ。今の日本には育てをしながら働こうという家庭やシングルマザーを応援しようというマインドがなきに等しいのだ。

 子育て中の女医さんについての良くある会話

さて、今回は「日頃このようなことを考えている僕でさえ……」という経験をしてしまったので紹介しよう。

11004088868

とある病棟での会話。間もなく就職してくる女医さんが1歳前後の子どもを育てていたのだが。

Dr.A:「今度来る○○先生なんですけど、○月○日(土)は予定があって当番が出来ないらしく、僕と交代しました。」

Dr.B:「いいよー。」

3日後。

Dr.A:「○○先生なんですけど、来月の土日の当番について予め希望を出したいって言ってるんですが、B先生の来月のご都合はどうですか?」

Dr.B:「うーん。そういうのどうなんだろねー。昨日も変えたばっかりじゃん。最初にあんまりワガママ聞いちゃうと、エスカレートしちゃうじゃん。働くなら社会人としてしっかりやって欲しいよね。

二宮の心の声:「うん。そうだ!そうだ!」

数秒後に愕然とした。

 働きにくい社会を作っている根源は自分のモノサシ

いやいや、立派な女医さんじゃないですか。子育てしながら医師として働きたい。これこそ最高の社会貢献。

お前は自分の都合、自分の物差しでしか考えることができないのか?

そして何よりも、その愚鈍な発想に一瞬納得してしまった自分に驚愕した。

これこそが、子育てをしながら働きにくい社会を作っている根源なのだ。

空気。同質性。

 「俺もやってるんだからお前もやれよ」という発想。

これらが堅苦しい社会を形作る。そしてさらに、

「俺も昔はやってたんだからお前もやれよ」という発想がその負のループを生産し続ける

frog

特に医師の世界は、同質性が重視される。

さらにその閉鎖性が追い討ちをかける。

社会の動向に全くもって鈍感。自分たちの集団が社会に悪い影響を与えても気づくことがない。

少し話がずれたのだが、「ある集団の空気に馴染んでいくと、周りが見えなくなる」という反省でした。

『関連記事』
医療者が死生観を決めつけることへの違和感ー研修医の提言①

本当の男女平等ってなんだろう?

キャバクラで語られた超かっこいい3つの生き方

【Facebookページで記事を配信しています。】

関連記事

give-take1

『Take』捉え方を変えて、本当の『Give and Take』の形を考える

今日の記事のテーマは 本当の『Give and Take』の形はどうあるべきか?  

記事を読む

100322feature3-2-1

“医療”を定義してみようか、そしてその先を見つめよう

 前回記事では、「医療の再定義」が必要な理由について論じてみた。     これらのこと

記事を読む

模擬選挙

自分の意見に自信を持つには?~模擬選挙と、看護の授業で学ぶクリティカルシンキングから考える~

※この記事は、インタビュー記事 自分の意見を持つことの大切さを子供たちに伝えたいー模擬選挙推進ネット

記事を読む

20120220160452b78

本当の男女平等ってなんだろう?

先日二宮さんが書いた「子育てと仕事の両立」の記事。 http://mlabo.net/2013

記事を読む

did-logo_s

暗闇のソーシャルエンターテインメント|ダイアログ・イン・ザ・ダークを知っていますか?

あなたは、目以外のなにかで、ものをみたことがありますか? 鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、

記事を読む

7e00bc4f4648a99f715ccbc1c917ecde_s

「母親だから感謝しなきゃ」の危険性

 きむらえりですこんばんは。 今日は母の日ということで、私のFacebookには例年通り「お母さん

記事を読む

hakunetsu1101

リーダーシップ白熱教室が放送中(ハーバード大学ロナルド・ハイフェッツ教授)

  白熱教室シリーズにとうとうリーダーシップ論が! 「正義の話をしよう」で有名なマ

記事を読む

5798806497_8876301f52_z

編集長が語る、M-Laboへの想い

(11月5日初公開 1月26日加筆) 一番最初に、ある意味言いだしっぺでこのM-Laboというメデ

記事を読む

img_1004824_27453363_0

紙芝居『まあおばあさん』から考える

Going my wayを行く私は、他のブロガーの人が旅やオススメの本の話を書く中、    

記事を読む

self-driving-car-07

Googleの無人自動車の奇跡と私達が考えるべき3つの事

皆様、今Googleが開発している『自動運転車』という車を御存知でしょうか? 運転手が運転しなくて

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑