*

在宅医療をITで効率化!明日から使えるアプリ5選

公開日: : 最終更新日:2014/08/12

在宅医療には効率化が求められている

高齢化先進国の日本。在宅医療は今後さらに推進していきます。しかし、医療者に膨大な負担がかかることは確かです。どう解決するか?効率化と高度な多職種連携が今叫ばれています。

しかし、ネットで調べてみてると「Dropbox」や「Good Reader」、「Googleドキュメント」など当たり前なアプリが紹介されていることが多い。ここでは、他のサイトではあまり紹介されていない(だろう笑)、アプリを紹介していきたいと思います。

 

1.オピカル(無料)

オピカル – オピオイド計算器
オピオイドローテーション、レスキュー投与量の簡易計算アプリ: メディカル

在宅では、癌患者さんの緩和ケアも多く行われています。疼痛緩和にはオピオイドが主に使われます。また、オピオイドは他のオピオイドに変更する際には、オピオイドローテーションと言い、オピオイドの換算を行います。

その時に、使えるのがこの”オピカル”。このアプリを使えば面倒な計算も簡単に出来ちゃいます。注意として換算は目安であり、換算比をチェックして使うようにしましょう。なんと、薬剤師さんが個人で作られたアプリの様です!

 

2.点滴ぽたぽた(100円)

点滴ぽたぽた
点滴筒内で滴下するしずくの速さを調節するためのアプリ: メディカル

点滴の速さを合わせるのは、現場の看護師をはじめ医療関係者にとっても、おおまかな調整はできても、正確にしようとするとなかなか難しいはず。

”点滴ぽたぽた”は、点滴の予定量と予定所要時間を入力すると、滴下するしずくの速さをテンポ表示してくれます。アプリの画面に表示されるテンポにあわせ落ちる速さを調整できます。

 

3.Maildash(300円)

Maildash (with SMS)

あらかじめ登録しておいた定型文を簡単にメール本文に転記し、そのままメールを送信できるアプリ: 仕事効率化, ユーティリティ

「Maildash」は、あらかじめ登録しておいた定型文を簡単にメール本文に転記し、そのままメールを送信できるアプリ。このアプリを使えばどこでも、診療録や情報提供文書を作成することが出来ます。

 

4.CamScanner(無料)

CamScanner Free
スキャナーアプリ: 仕事効率化, ビジネス

「CamScanner」は全世界6000万人以上のユーザーが使用するスキャナーアプリです。

様々書類をスキャンしてタブレットに。処方箋をスキャンして、在宅現場でタブレット上で処方箋を作成など、様々なことに応用できます。

 

5.Order-epi(無料)

Order-epi for iPhone
株式会社メディセオ医薬品発注システム「Order-epi」: メディカル, ビジネス

「Order-epi」はスマートフォンで場所、シチュエーションを選ばず、どこでも、簡単に、医療用医薬品の発注をすることが出来ます。こちらも、在宅現場で必要になった物をその場で発注するメリットがあります。

 

番外編

 

EIR(エイル)

EIR(エイル)|iPhone・スマフォで地域医療・介護を繋ぐ地域医療連携支援システム

 

 

 

エイルは桜新町アーバンクリニックの遠矢先生が中心となって作られた地域医療連携システム。アプリとしても配信されていて無料で使うことが出来ます。ただ、連携システムなので医療者1人がダウンロードしていても意味が無く、地域単位での導入が必要です。

まずは人の輪から、そこにITが入ればどんどん効率化が進んで連携も高まりそうです。

 

InterFAX

インターネットFAXサービス | InterFAX | メールやWeb APIでFAX送受信

 

 

 

InterFAXはインターネットFAXサービス。メールなどで添付した書類をFAXとして送ってくれます。

処方箋をPDF化して、デジタルデータに、それを薬局にFAXとして送る時に、このシステムを使えば在宅現場で処方箋を送ることが出来ます。

 

まとめ

今回は、在宅医療で実際に使えるようなアプリを紹介しました。実際には”在宅用”となっているわけではないアプリも、現場のニーズとマッチしていれば、在宅用に早変わりします。

無料の物が多いので、ぜひ今日ダウンロードして明日から使おう!と思えるようなアプリが1つでもあれば嬉しいです。

「おすすめ記事」

医療学生でも、ビジネスやプログラミングを学びたい!そんなあなたにオススメのwebサービス3選

関連記事

images (6)

医療学生の僕がコーヒーミーティングを使う3つの理由

コーヒーミーティングとは? webサービス大好きM-Labo編集長の藤巻です。今回は、僕の大好

記事を読む

book4l

医学生が読書に没頭するきっかけとなったおすすめの本

先日、M-Laboライターの二宮さん、森さんが「読書をする理由」についてまとめていましたが、僕も本に

記事を読む

1391794_269125669902051_938753544_n

人生でやりたい100のリスト

 あなたのやりたいことはなんですか? やらないで死んだら後悔することはなんですか? 真面目なこと

記事を読む

maxresdefault

医療者も踊る!?AKB48恋するフォーチュンクッキー動画まとめ

「あ、友達映ってる!!」 恋するフォーチュンクッキーとは、AKB48シングルの選挙結果を元に選ばれ

記事を読む

働き方

医療学生がこれからの働き方を考える上で参考になる3冊

「外科医の仕事の一部が手術ロボットに置き換わる」 テクノロジーの進化により、こうしたことが10

記事を読む

情報

「情報」に強い21世紀型のスキルを身につける為に読んでおきたい6冊

 4月から、友人の紹介でSFCのすずかん研究会で学ばせて頂くことになりました。「情報社会におけるソー

記事を読む

遠隔医療をする医師

テレメディスン(遠隔医療)という新たな医療の形態。これにより様々な医療問題が解決する…かも!?

テレメディスン(遠隔医療)がここ最近注目を集めています。様々なIT(Information Tech

記事を読む

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af

難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人工知能が医療にもたらす未来につ

記事を読む

井の中の薬学生、大海を知る

井の中の薬学生、大海を知る。

はじめまして、薬学部 4年のつゆきです。先月開催 医療ビジネスコンテスト Perry 2014運営に

記事を読む

IMG_0047_rs

治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に関する啓発活動をしていますが、

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑