*

Google glass、iWatchが医療を変える

公開日: : 最終更新日:2014/04/29

ITの分野での進歩はドンドン進んでいます。その中で今回はウェアラブルデバイスについて投稿させて頂きます。

 

 

このページがキレイにまとまっていたので載せます。

↓↓↓

2014年を賑わすウェアラブルデバイス!「メガネ」に「指輪」に「腕輪」に「時計」に… | Social Design News【ソーシャル・デザイン 公式サイト】

 

 

 

医療の世界にもウェアラブルデバイスの活用先が多くあると思います。

 

例1・・・外科での手術。

手術をする際に清潔・不潔という概念があります。手洗いを何回も繰り返し手術に関わる医療関係者は滅菌された服・手袋をして手術をします。術者は手術中滅菌された部分以外は一切触ってはいけません。TVドラマで手術をする人が部屋に入ってくる時にとっているポーズにはそういう理由があるのです。

そのためPCに入ってる患者の情報を見たくなった時は大変です。清潔な所を不潔にし、また清潔に戻さなくてはならないからです。この時にウェアラブルデバイスが活用出来ます。PCを遠隔操作で操作する事で清潔のまま患者の情報を得る事が出来るのです。

 

 

例2・・・情報のINPUT・OUTPUT

実習を見てて感じるのは、患者情報を調べる事とカルテ記載、つまり情報のINPUT・OUTPUTが医師の仕事の大きな割合を占めているという事。この部分での効率化をする事は人手不足の医療現場において大変課題になっていくと考えられます。ウェアラブルデバイスを使ったプッシュ型のクラウドや音声認識機能などがこの課題に貢献する事になると思います。

ipadでも可能だと思うのですが、医療現場で両手が塞がってしまうのは結構ストレスがかかります。私も病院実習では基本ipadよりiphoneを使っているくらいです。

cf・・・音声認識はすでにここまで来ています。

 

 

その他にも活用先は多くあると思います。医療という分野でITを使うという手段はとても有効であると同時に繊細な問題を抱えた手段でもあると思います。患者情報の漏洩、高齢者のITへの抵抗感、人間味と無機質な手段の共存などまだまだ超えなければならない壁は一杯あります。

 

 

人類の歴史上、特に現代において、科学の進歩や人間の見える形での欲求を否定し、封印した事はほとんどありません。

 

 

ITを遠ざけるのではなく、いかに上手く付き合うかが大切です。

 

ITと上手く付き合っていくために、より相手を深く知っておく必要があると思います。

 

 

ライター・・・Ikuro Mori

 

関連記事

02IMG_3629

医療を変える「デザインの力」

「アート×医療」とか「建築×医療」とかそういうキーワードが流行り始めてきている中、どうしても実感が沸

記事を読む

yun_5680

【医療】×【生物学】(最小存続可能個体数)=【病院コンサルタント】?

感護師の坪田康佑です。 本日は、【医療】と【生物学】を掛け合わせてみたいと思います。 【絶滅危惧

記事を読む

file000403840597

医師が明かす。インフル治癒証明書が「よくない」理由

救急医をしていて、おかしいなと思っていることがあります。 「インフルエンザ明けの診断書(治癒証明書

記事を読む

Unknown-2

医師はグローバルリーダーになり得るのか?

医師はグローバルリーダーになり得るのでしょうか? 私はなり得ると思います。しかし、日本にいるだけで

記事を読む

2250fd89369148897c5ebb54738db8ad_s

花粉症対策としての「片づけ・掃除」

花粉症対策といえば? スギ花粉の季節が近づいてきました。日本におけるスギ花粉症(以下、花粉症)

記事を読む

01_947375_31536446

「痛み」をナラティブに考えるための3冊

 入院中にAmazonでポチりまくってる谷岡です。暇に飽かせて、読書だけは励んでいますw いろんな

記事を読む

PAK85_iroenpitunaname131310500-thumb-978x500-3685

食事介助の現場で期待される「色彩の持つ可能性」

色は人の味覚に影響を与えるのか?! あなたは、綺麗な色のテーブルクロスが敷かれた机の上にあ

記事を読む

HARUYUME

意識障害のある患者さんの気持ちを知る方法【私達を支える看護学④】

看護学研究の世界へようこそ! 私達を支える看護学シリーズ第4弾です!前回は「便秘解消のための温罨法

記事を読む

MAY

認知症改善への道すじ【私達を支える看護学番外編】

看護学研究の世界へようこそ! 全5回にわたる私達を支える看護学シリーズ。反響戴きました皆様に感謝の

記事を読む

Screen Shot 2015-01-06 at 9.26.00 AM

患者視点から描く 新しい医療のしくみ

 夢は新しい医療のしくみの構築 M-Laboで記事を書かせて頂くことになった慶應義塾大学の

記事を読む

IMG_3141
医師に英語は必要か?

医師に英語は必要か? 医者であれば、英語を話せて当たり前じゃない

IMG_0047_rs
治験を紹介されるまでに知っておきたい、メリット・デメリットの考え方

Medical Warriorsの代表である長谷山貴博。治験に

e98e5089cd6e99f5f2528c6b61d167fa195cb8af
難病患者による、難病患者のための「Dr.NEAR」クラウドファンディング開始

難病患者さんがどんなことに困っているか知っていますか? 前に、人

寿司??
「米1粒の寿司握れ」これが医師採用試験!?医学生の反応や病院側の求める人材とは?

こんにちは。医学生の大塚勇輝です。 先週、Yahooニュースのト

www_aisei_co_jp_Portals_0_images_pages_user_efforts_magazine_HGM17_pdf
全ページが中吊り広告!?『ヘルス・グラフィックマガジン』の作製者に聞く、熱のあるフリーマガジンの作り方

「なんだ・・・このクオリティーの高さは!」このフリーマガジンを見たほと

→もっと見る

PAGE TOP ↑